女子フィギュア期待の新星、真凜選手の妹・本田紗来さん 

 

女子フィギュアスケート界のホープが京都に誕生した。

京都醍醐フィギュアスケートクラブの本田紗来(さら)さん(10)=京都市伏見区=がこのほど、滋賀県立アイスアリーナ(大津市)で開かれた全日本ノービス選手権のB女子の部で初優勝した。

五輪メダリストの浅田真央さんや羽生結弦選手らが歴代優勝者に名を連ね、トップスケーターの登竜門とされる大会。

同年代では異例の高難度の3回転ジャンプを次々と決めた。

 

昨年の世界ジュニア女王に輝いた姉の真凜さん(16)の背中を追いかける。

ノービスBはスケート年齢(7月1日時点の年齢)で9~10歳が対象で、2分30秒のフリースケーティングで点数を競う。

B女子には各地の予選を通過した36人が出場した。

3番滑走だった本田さんは難しい3回転ルッツや、ダブルアクセル(2回転半)から3回転トーループの連続ジャンプを着氷。

 

昨年は4位で表彰台を逃していただけに

「この大会のために1年間頑張ってきた。ジャンプの失敗があったのが悔しいけど、終わって一安心。笑顔で滑り切れた」

と満足そうに話した。

関西大初等部に通う小学4年生。

 

京都府スケート連盟でフィギュア部長を務める加藤真弓副理事長は

「見る度にジャンプに高さが出ている。跳ぶタイミングと着氷の仕方もうまい。将来はトリプルアクセル(3回転半)を跳べるのでは」


【もしもアフィリエイト】ってなに?


と期待する。

5人きょうだいの末っ子で、真凜さんだけでなく、兄で関西大1年の太一さん(19)、三女で女優の望結(みゆ)さん(13)もスケート選手として活躍する。

得意のジャンプも「お姉ちゃんやお兄ちゃんがいたから3回転が跳べるようになった」。

今大会では真凜さんが髪型のセットや化粧をしてくれたという。

来年2月の韓国・平昌冬季五輪を狙う真凜さんは憧れの存在だ。

 

本田さんは

「真凜お姉ちゃんには五輪で金メダルを取ってほしいし、紗来も五輪の舞台に立ちたい」

と夢を描く。

 

すごい姉妹ですね!!

いかに環境が整っていてもここまでの成績は残せないでしょう。

羽生選手とツーショット、この娘も可愛いですね。

 

 

 

 

-いい話, スポーツ
-, , ,