【MLB】FAの岩隈久志は「過小評価」「お買い得」の声

 

マリナーズからFAとなった岩隈久志投手は今季、負傷に苦しんだ。

右肩を負傷し、シーズンの大半で故障者リスト(DL)入り。

わずか6試合の登板で0勝2敗、防御率4.35に終わった。

 

2016年と2017年の合計登板イニング数が条件の324回に達せず、契約に盛り込まれていた自動更新はならず。

また、条件をクリアしなかった場合、球団が1年1000万ドル(約11億3500万円契約)で契約延長を選択できる権利を持っていたが、2日(日本時間3日)にこれを行使しないことを発表。

違約金として100万ドル(約1億1350万円)が支払われ、岩隈はFAとなった。

 

岩隈は9月27日に右肩内視鏡手術を受け、現在は来季の復帰に向けてリハビリに励んでいる。

当時、マリナーズは投球再開まで5か月を要するとの見込みを発表しており、来月の開幕に間に合うかは微妙な状況だ。

ただ、米メディア「スポーティング・ニュース」は「過小評価」の先発投手として岩隈の名前を挙げ、「健康であればお買い得」だとしている。

 

記事では、ダルビッシュ有(ドジャースからFA)、ジェイク・アリエッタ(カブスからFA)、そして日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦を表明した大谷翔平が注目を集める中、岩隈を含めた4人の「お買い得」FA投手を紹介。

 

「巨額の契約や国際的スーパースターを狙っていないチームにも、選択肢はある」と伝えている。

 

アンドリュー・キャッシュナー(レンジャーズからFA)

ジョーリス・チャシーン(ダイヤモンドバックスからFA)

ジェイソン・バルガス(ロイヤルズからFA)

そして岩隈。

この4人が

「先発投手がFAで豊作とは言えないなか、注目を集めていないながらも真価を発揮するであろう選手たち」

だという。

 

岩隈は「信頼できる投手であり続けてきた」

岩隈については「このリストにあげた選手のなかで最年長」であることを説明し、マリナーズがオプションを行使しなかったことや、岩隈の肩の状態などについても言及。

その上で「ここから言えるのは、岩隈が昨季のジェイソン・バルガスのように力強くカムバックを果たす可能性を秘めているということだ」と前向きに綴っている。

 

今季は苦しんだものの、これまで岩隈が残してきた成績は高く評価されている。

2年目の2013年には、33試合に登板して14勝6敗、防御率2.66、シーズン219回2/3を投げるという働きぶりでサイ・ヤング賞投票3位に。

6シーズンで883回2/3を投げ、四球がわずか185個という抜群の制球力も魅力だ。

 

記事では

「日本からやってきて以来、彼は信頼できる投手であり続けてきた。63勝39敗、防御率3.42、(トータル)16.5WARを2012年から2016年に記録している」と特筆し、

「健康であれば、彼は非常にお買い得な選択肢となり得る」

と伝えている。

 

どの球団よりも岩隈の能力の高さを理解しているマリナーズが、再契約する可能性も残されている。

負傷を抱えたままシーズンを終えたことはマイナス材料となっているが、鮮やかな復活に期待したいところだ。

 

必ず復活します!!

 

 

-いい話, スポーツ, 話題
-, ,