【座間9遺体】白石容疑者が抱えた自殺願望と母と妹との断絶

 

「白石さんでしょうか?」。

インターホン越しに本誌記者が問いかけると、数秒の沈黙を置いて、こんな答えが返ってきた。

「…いえ、違い…ます。今…いません。どこでここのことを聞いたんですか?」。

若い女性の声だった。

 

「妹さんですよね?」

「いや…違うんです」

そのままインターホンは切れた。

 

神奈川県座間市のアパートで男女9人の切断遺体が見つかり、死体遺棄容疑で白石隆浩容疑者(27才)が逮捕されたのは10月31日のことだった。

その3日後、本誌・女性セブンは白石容疑者の母親と妹が暮らす家を訪ねた。

現場となったアパートから車で1時間。

白石容疑者の実家からも1時間の距離だ。

父や兄を残し、母親と妹は7年ほど前、逃げるように家を出て2人で暮らし始めたという。

その後何度か転居して、2年ほど前から現在の家で暮らしている。

 

やっと訪れた平穏な生活は突然、切り裂かれた。

家族が「殺人鬼」になった、それから母娘は──。

 

「きょうだいはいない。小さい頃に両親は離婚した」。

白石容疑者は知人女性にこう語っていたという。

 

犯行現場となったアパートから車で約15分のところに、白石容疑者が幼少期から過ごした一戸建てがある。

25年ほど前に建てられた、25坪ほどの土地に建つ2階建てだ。

 

近隣住民が言う。

「お父さんとお母さん、妹さんの4人家族で暮らしていました。小さい頃は、妹さんの面倒をよくみる、優しいお兄さんでした」

 

父親は大手自動車メーカーの部品工場に勤めていたが、独立して部品の設計を自宅でするようになった。

5つほど年下の妹は幼い頃から聡明で、県下でも有数の公立高に進学。

名門私立大学を卒業したエリートだ。

 

一方で、白石容疑者は横浜市内の高校を卒業後、アルバイトをしていた地元のスーパーに就職するも、2年あまりで退職。

電子機器販売会社に転職したが、それも長続きせず、パチンコ店のアルバイトなど職を転々。

20代前半で、女性に声をかけてキャバクラや風俗店に紹介するスカウトマンの仕事を始めた。

 

なぜ、白石容疑者は「きょうだいはいない」という嘘をつくのか。

もっというと、「小さい頃に両親が離婚した」というのも事実ではない。

つく必要のない「家族についての嘘」に、白石容疑者の心象風景が浮かんでくる。

 

精神科医の片田珠美さんが読み解く。

 

「白石容疑者はごく小さい頃に“母親に見捨てられた”という感覚があるのではないでしょうか。お母さんはできのいい妹をかわいがり、自分のことに関心がないと感じていて、思春期の微妙な時期に、母親や妹への憎しみが募った。だから、彼の内的世界では“2人はいなかったこと”になってしまっているのかもしれません。

白石容疑者は高校時代から自殺願望を抱えていて、実際に睡眠薬を大量にのむという自殺未遂を起こしたことがあるとも報じられています。その自殺願望には、“母親への復讐”という意味合いがあるのかもしれません。

自分自身が自殺願望を抱いて思春期を過ごしたので、10代の女の子たちに自殺をそそのかした可能性もあります」

 

◆メディアの間で流れた噂

白石容疑者の小中学校の同級生はこう証言する。

「中学の後半から急に何事にも投げやりになっていったように感じます。その頃、両親の関係がうまくいっていないと近所で噂になったことがありました。大きなトラブルを抱えていたみたいで…。

妹さんが高校生ぐらいの時、お母さんと一緒に家を出たみたいです。それも兄の存在や、家族のトラブルが引き金だったのではないかといわれています」

 

自殺願望を抱え、何事にも投げやりになっていく白石容疑者と母妹の間に、何があったのか。

 

白石容疑者が小学生の頃にはPTA活動にも参加することがあった母親だが、実家近くではもう7、8年ほど妹とともに姿が見かけられていなかった。

アパート9人遺体事件が発覚し、メディアの間ではこんな噂もまことしやかに流れた。

 

「本当に別居しているだけなのか。ひょっとしたら白石容疑者の手にかかってしまったのでは」。

 

実際には、冒頭のように、母と娘は共に暮らしている。

妹は社会人になって数年が経つ。穏やかな生活の中で発覚した兄が起こした凄惨な事件。

その後、数日以内に彼女たちも家から姿を消した。

同じく実家から父親の姿も見えなくなった。

 

まだ2、3才の愛犬のダックスフントと共に。

 

こんな事件の予感があったんでしょうか・・・

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,