【明治神宮大会】日大三・斉藤捕手が救急搬送 本塁で走者と激突

 

◆明治神宮大会高校の部(10日・神宮)

▽日本航空石川7X―6日大三

(延長10回無死一、二塁からタイブレーク)

 

日大三(東京)の小倉全由(まさよし)監督(60)が、日本航空石川(北信越)の危険なプレーに怒りをあらわにした。

同点の9回裏2死一、二塁から、日本航空石川の7番・山岡広紀二塁手(2年)が右前打。

サヨナラを阻止するため、右翼手は前進守備だったが、二塁走者の上田優弥左翼手(2年)が本塁へ突入。

送球を受けていた斉藤龍二捕手(2年)と激突した。

 

ミットからボールがこぼれたため、一時はセーフの判定となったが、小倉監督らが猛抗議し、審判団が協議。

危険なプレーと判断し、守備妨害としてアウトの判定に変わった。

斉藤は担架で運ばれ途中交代。試合後は、救急車で病院へ向かった。

 

試合後の小倉監督は

「あんなプレーは絶対に許せない。下手したら死んじゃうよ。チームで徹底しておかないといけない」

と怒りをあらわにした。

 

日本航空石川の上田は

「完全にアウトのタイミングで(本塁へ)真っすぐスライディングをしようと思っていた。(右翼からの送球を受ける)キャッチャーと重なってしまった。

スピードに乗ったままで、よけきれなかった。キャッチャーに申し訳ない気持ちです」

と神妙な面持ちだった。

 

体当たりで「落球」を誘う・・・

こういうプレイはMLBでも今や禁止です。

選手になにごともなければいいのですが・・・

 

 



-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, , ,