ニューデリーの大気汚染が危機的に

 

インドのニューデリーで7日、大気汚染が危機的レベルに達し、学校が休校になったり、予定されるハーフマラソン大会の中止を医師会が要請する事態に陥っている。

8日は児童が通う学校は休校の指示が出され、高校でも戸外での活動はすべて中止された。

市内は濃い霧に覆われ、住民らは目や喉の痛みを訴えている。

 

最悪が500の大気汚染の程度を示す指数は451となった。

この指数は100を超えれば不健康とみなされる。

 

市内の一部地域はさらにひどく、字を読むことができない状態に近い。

地元病院の医師は、このレベルは1日に50本のタバコを吸っているのに等しいと指摘した。

 

この状況を受け、医師会は、11月19日に予定されるハーフマラソン大会を中止するよう要請している。

 

デリー首都圏の当局者は、さらに悪化すれば、トラックの首都立ち入り禁止や建設工事の中止などの緊急措置がとられると述べている。

 

いやはや・・・人が住める環境じゃないですね。

 

 

-事件・事故, 海外, 話題
-, , ,