キンタロー。が社交ダンス世界選手権で入賞 ペアと険悪の過去

 

先頃、社交ダンスの世界選手権大会に出場し、日本・アジア選手では最高位となる7位に入賞したお笑い芸人のキンタロー11月6日、今回の快挙達成までの辛く厳しい道のりについて告白。その内容が、ネット上のファンの間で注目を集めている。

これは同日、キンタロー。が自身の公式ブログに投稿した 『金スマ世界選手権エピソード 2』 という記事のことで、この中で彼女は、

「金スマ世界選手権2時間スペシャル 大大大反響ありました。本当に嬉しい限りです 素敵なお花が番組から届きました」

「めちゃくちゃ街でもおめでとうって言って頂けます」と、

社交ダンスの大会でアジア最高位の獲得という快挙を成し遂げ、それが先日放送の同番組で紹介されたことで、周囲から大きな祝福を受けていることについて語りはじめると、

「本当に沢山の方々に届いて私はとても嬉しいです。1年間の色々な努力が報われました」と、

その喜びを語るとともに、

「今日は私が思い悩んでいた時の話をします。」と前置きした上で、

 

「社交ダンスはキラキラなドレスを着て 本当に空に舞う蝶々の様に きらびやかな世界ですが その蝶になれる瞬間は本当にごくわずかな時間。

後はもう、なんかイモムシ?サナギ?の様にうごめく様な辛い大変などろくさい練習とかがあります涙」

と、一見華やかに見える社交ダンスの世界にも、実に泥臭い鍛錬の日々が存在していることを紹介。

 

「仕事終わってから 普通なら帰れるけど、そこからの 練習は毎日毎日きつい日々が 沢山ありました。」

「本当ガチでリアルに 去年の春頃はロペスとの関係も最悪で ダンスが嫌になり 本当に思い悩みすぎた精神状態の 時もありました。」と、

今回の快挙達成までの道のりが実に険しいものであったことを告白しつつ、そうした上で、番組を楽しみにしている視聴者をはじめ、多くの人々からの期待に応えたいという強い想いから

「こんな気持ちじゃ 絶対に世界には通用しない!!!このままでは絶対ダメ!!」

と思い直し、その後も努力を重ね、快挙達成へと繋げたことを明かすこととなった。

 

今回の告白について、キンタロー。は、

「なんだか芸人らしからぬ まじめくさったブログ すみません」としつつも、

「自分を信じて周りを信じて 正しい道にいけば 必ず明るい出口がみえてきます!!」と、

自身の体験を基づく形で、ファンに向けて力強くコメント。

 

そんな彼女に対して、ネット上のファンからは

「キンタローさん、ありがとうございます!キンタローさんが頑張る姿は本当にかっこよくてキレイで、もーー感動の嵐でした!!」

「お疲れ様そして感動ありがとう」

「すごいです。あんなにすごいものを見せて頂いて録画した番組は保存して大事にこれからも見させて頂きます」

「とても、感動しました。これからも、素敵なダンス続けてくださいね。応援します」

「番組を見て、沢山感動しました。もっと、もっとストイックに私も頑張れば出来るようになるかもしれない、壁を乗り越えれるに違いない。そう思うことができました。有難う」

といった様々な反響が寄せられるなど、大きな注目が集まることとなった。

 

 



-いい話, スポーツ
-, ,