【MLB】米メディアがFA格付け イチローはまさかの圏外

 

メジャーでは6日(日本時間7日)に独占交渉期間が終了し、いよいよフリーエージェント(FA)市場が本格化する。

独占交渉期間中は、FAとなる選手が今季所属球団と優先的に残留交渉に望めるが、エンゼルスがジャスティン・アップトン外野手と契約を結んだ他、大きな動きは見られなかった。

米メディアでは、こぞってFA格付け記事を掲載。

米スポーツ専門サイト「ブリーチャーズ・リポート」では、今オフのFA選手をポジション別に格付けする記事を掲載した。

 

ランクは「1」から「4」の4段階に分けられ、

第1グループ(一流)は球宴級選手の選りすぐり12人のみ

第2グループ(二流)は平均以上で複数年契約を取れるレギュラー級

第3グループ(三流)はメジャー契約は勝ち取れるが単年契約

第4グループ(四流)はマイナー契約かメジャーキャンプ招待からロースター入りを狙うレベルとなっている。

 

気になる日本人FA選手の中で、選りすぐりの第1グループ入りを果たしたのが、ダルビッシュ有投手(ドジャースFA)だ。

今年の先発投手市場は「記憶にある限り、最も手薄」であると指摘。

ダルビッシュと同じく31歳でFAとなったジェイク・アリエッタ(カブスFA)が2トップだとし「2人の後は、価値が下落」と手厳しい。

 

記事では、2人のうちアリエッタを上位にランクしているが、それは日本時代を含め、ダルビッシュはこれまで通算2127回2/3を投げたのに対し、アリエッタは1669回と450回以上も少ないため。

この投球回数の違いにより、アリエッタの方が「より安全」な選択肢だと結論づけている。

 

第2グループ入りした日本人FA選手はゼロ。

第3グループには、先発投手部門で岩隈久志投手(マリナーズFA)、青木宣親外野手(メッツFA)が入っている。

寸評で「青木は少なくとも第4の外野手として契約できるだろう」と予測。

 

また、先発投手の第3グループには巨人のマイルズ・マイコラス投手もランクイン。

日本では62試合に登板し、31勝13敗、防御率2.18、WHIP0.99であったことに触れ、

「パドレスとレンジャーズに所属時はパッとしなかったが、メジャー復帰に向けて準備はできている」

と評価されている。

 

その他、上原浩治投手(カブスFA)が第4グループにランクされる一方、44歳のイチロー外野手はまさかの圏外。

 

ダルビッシュ以外は、いずれも厳しい冬を迎えることになりそうだ。

 

やはり年齢なんでしょうか?

青木選手よりはずっといい成績を残せると思うのですが・・・

 

 



-スポーツ, 話題
-, , , , ,