【座間9遺体】「頭部はいずれ捨てに行こうと」

 

神奈川・座間市のアパートから、切断された男女9人の遺体が見つかった事件で、逮捕された男が

「頭部などは、いずれ捨てに行こうと思っていた」

と供述していることが、新たにわかった。

死体遺棄の疑いで逮捕された、白石隆浩容疑者(27)の部屋からは、9人の遺体が見つかっていて、遺体の一部は「ごみとして捨てた」と供述している。

現場からは、9人分の頭部が見つかっているが、その後の調べで、白石容疑者が「頭部などは、いずれ捨てに行こうと思っていた」と話していることが、新たにわかった。

また白石容疑者は、被害者の殺害についても、

「何人かは、首を絞めて失神させ、ロープで首をくくり、ぶら下げ、しばらく放置した」

と話している。

9人の被害者のうち、女性6人について、身元の特定につながる手がかりが見つかっていて、行方不明になっている東京・八王子市の23歳の女性のほか、埼玉や群馬、福島の女子高生が含まれているという。

警視庁は、9人の身元の特定を急いでいる。

 

なんとも恐ろしいですね・・・

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,