3位完敗の青学大・原監督「全責任私にある」

 

「陸上・全日本大学駅伝」

(5日、熱田神宮~伊勢神宮=8区間)

 

前年度3冠の青学大は、優勝した神奈川大と2分33秒差の5時間15分22秒で3位に終わった。

2位だった10月の出雲駅伝に続いて優勝を逃した。

 

1区の中村祐紀(4年)が先頭と1分22秒差の10位と大きく出遅れたのが最後まで響いた。

2区の田村和希(4年)が区間賞と猛追したものの、5区で故障明けの下田裕太(4年)も本調子とは程遠く、トップを追い上げられなかった。

 

完敗した原晋監督は

「今は混戦で、東海さんも神奈川さんも強い。ミスをしていては勝てない」と厳しい表情。

「1区と下田がブレーキになってしまった。やっぱり4年生がしっかり走らないと勝てない」



と敗因を挙げつつ、

「(選手を)使ったのは私ですから。全責任は私にある」

と話した。

 

来年正月の箱根駅伝に向けては、

「3連覇しているノウハウはあるので粛々、淡々とやるだけ」と指揮官。

「残り2カ月はチーム一丸となって『一体感』をテーマに戦いたい」

と雪辱を期していた。

 

雪辱なるか・・・

箱根駅伝・楽しみですね。

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-スポーツ, 話題
-,