【座間9遺体】SNSに『死にたい』と書き込む人の心理

 

神奈川県座間市のアパートの一室で9人の遺体が見つかりました。

この事件の容疑者と被害者との接点は、「自殺サイト」だと言われています。

自殺をテーマにした掲示板やチャットではなく、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)、しかもTwitterでした。

ハッシュタグ機能を使えば、同じ趣味嗜好の人と繋がることができる。

誰もが利用しているSNSが舞台になったため、今回の事件は衝撃を与えています。

 

投げかけられる二つの問い

私は1998年以来、インターネットと若者のコミュニケーション、居場所、自殺をテーマに取材を続けています。

そのため、今回の事件でコメントを求められることが多くなりました。

とりわけ「どうしてSNSに死にたいと書き込むのか?」という質問が多かったのです。

 

ここには二つの問いがあります。

なぜ「死にたい」とネットに書き込むのか。

そして、その場がなぜ、SNSなのか。

「死にたい」と書き込む理由は人により様々です。

程度の差はあれ、自殺願望を持っている人は、その瞬間的な感情を書き込むことで自分の心境を整理している場合もある。

また、書き込むことで「誰かに話を聞いてほしい」という心理が働いていることもあります。

 

自殺の話題は、現実(リアル)の人間関係では避けられる傾向があります。

そのため、引かれないように現実では話さず、ネットに話し相手を求めるのです。

また、現実に相談相手がいたとしても、納得がいくやりとりがしたい場合にはネットでつながりたいのです。

 

さらに言えば、「自殺の話ができるネットの知人」という位置だけにとどまらず、実際に会いたいと思っても不思議ではありません。

これまで取材した経験からいうと、「ネットの知人」が恋人になったり、「ネットの知人」と結婚をした人も少なくありません。

また、自殺をしないと決めた人もいますし、死にたいと思いながらもなんとか生きる術を見つけた人もいます。

 

私が取材した、ある30代男性のケースを紹介します。一度は集団自殺の計画を立てようとしたが、止める側に回った話です。

 

彼は離婚と借金を理由に「死にたい」と考え、「一緒に死にませんか?」と集団自殺の参加者を募集しました。

すると、多くの返事があったのです。計画を立て、役割分担を決めようと思いました。

自分自身は睡眠薬を持っている。そのため、他の人には、手段や道具、場所としての車、あるいはアパートやマンションの部屋を提供してもらいたいと思っていました。

しかし、他のメンバーは役割分担を嫌って、「すべて用意してほしい」との返事でした。

そのために、男はグループを解散させました。

 

その後、別の呼びかけもしました。

返事があった中には、16歳の女子高生がいたのです。

座間市の事件でも、犠牲者の中には10代が含まれているとの報道もあります。

 

話を聞いた男は、

「なんとか助けたい。自殺を止めたい」と思うようになります。

彼女の悩みに共感したためです。

自殺をテーマにしたやりとりで「共感」はキーワードの一つです。

座間市の事件での容疑者も、共感をうながすような態度を装って犠牲者に接触していたのではないかと思われます。

 

しかし、女子高生の自殺願望が急に高まり、別の男性と自殺をするという連絡がありました。

男は女子高生の制服から学校を特定し、学校に連絡し、自身でも捜索を始めます。

女子高生に「どこにいるの?」と聞いても、なかなか言わなかったのですが、夜になって「富士山麓にいる」との連絡が入りました。

そのため、地元の警察署にも電話をします。

そのうち、「死ぬのをやめました」との返事も来たのですが、連絡がつきません。

その後、富士山麓ではなく、東北地方のスキー場で別の男性と一緒に亡くなった女子高生が発見されたのです。

結局、止めることができませんでした。

 

事件の舞台になった「自殺サイト」も

かつて、自殺をテーマにした掲示板やチャットが話題になり、そこが事件の舞台にもなってきました。

1998年12月、メンタルヘルスの相談をしていた掲示板の管理人で、“ドクター・キリコ”というハンドルネームの男(当時、北海道在住)が、重篤なうつ病患者に対して、青酸カリ入りのカプセルを配送していました。

男は、メンタルヘルスの相談に乗りつつ、「死にたい」という声にも耳を傾けていたのです。

 

重篤なうつ病患者の場合、話を聞くだけでは難しい。

男は「いつでも死ねる薬があれば、今でなくてもいい。今は死なない」との思いから、青酸カリ入りのECカプセルを送っていたのです。

しかし、何人かが飲んでしまい、死亡します。

それを知った男も自殺しました。

 

2005年には、自殺をテーマにした掲示板で「死にたい」と書き込んでいた男女3人が呼び出され、苦しむ表情を見たいという犯人(当時、大阪府在住、死刑執行済み)の欲望を満たすために利用されたという事件がありました。

犯人自身は快楽殺人を志向しており、自らのホームページに犯行内容と似ている小説をアップしていました。

犯行予告とも取れる内容で、その舞台に利用したのが自殺系掲示板で、自らも集団自殺の志願者だと装いました。

そこに集まってきた人を殺害したのです。

犠牲になった中には、いじめ被害者とされる男子中学生もいました。

 

時間を共有することで「つながっている」感覚に

最近では、わざわざ検索して「自殺サイト」の掲示板やチャットを探すという手間を避け、日常的に使っているSNSで気持ちや意見を書き込み、交流するケースが目立っています。

 

なぜ、「死にたい」という願望をTwitterに書き込むようになったのでしょうか。

それは第一に、監視の目がゆるく、規制が比較的少ないサービスにユーザーは流れるからです。

また、自殺に特化した掲示板よりも利用者が圧倒的に多く、返事が期待できるメディアでもあります。

そして、返信があった場合、短文のメッセージのやりとりが繰り返されます。それは、お互いが共有している時間なのです。

 

時間の共有は、より「つながっている」感覚になっていきます。

悩み相談を受け付けている機関や団体は電話相談が中心です。

しかし、相談員が慢性的に不足しています。

メールやラインでの相談も受け付けていますが、きちんとしたところほど、十分に検討してから返事をします。

仮にその内容が適切だとしても、時間を共有している感覚は得られません。

そのため、よりよい回答が得られても、寂しさは埋められず、SNSに接点を求めていくのです。

 

今回の事件の犠牲者たちが、どのような理由で死にたがっていたのかは現段階では不明です。

しかし、SNSを活用する中で返信が多ければ、犠牲者の中では容疑者への信頼感が高まっていた可能性が高いでしょう。

もちろん、ネットで知り合って、実際に会うことの敷居が低い時代になっていることも影響しますが、そこに信頼感が加われば、「ネットの知人」のアパートまでついていっても不思議ではありません。

 

今回の事件を受けて、私はかつて取材をした、自殺を考えたことのある人に意見を求めました。

 

反応は様々です。

「一緒に死ぬのと殺されるのは違うので、この事件の犠牲者は不本意だっただろう」との意見がある一方、

「結果として死ねたのだからよかったのではないか」

「危険と知っていて行ったのだから自業自得」

という声も聞かれました。

「誰かと一緒に死んだとしても、寂しさは埋まらない」

と言っていた人もいます。

 

ただ、前提になっているのは、彼らがいずれも助けを必要としている存在であるという点です。

 

生きづらさを抱えていた20代女性が、

「周りの軽い知り合いよりもインターネット掲示板で出会う、私のことを知らない“誰でもない誰か”の方が、よっぽど本音を言いあえてラクだったりすることがある」

と語っていたことを思い出します。

 

規制強化では救われない人も

今回のような事件が起きると、自殺系サイトの規制という話になってきます。これまでも、プロバイダの自主規制という形で、犯罪や自殺を誘発する書き込みがある場合は、削除したり、管理が行き届いていない掲示板は閉鎖することが増えました。

現在も自殺をテーマにした掲示板はありますが、より具体的な書き込みは削除される方針です。

 

では、こうした事件を防ぐにはどうすればいいのか。

インターネット上で自殺の話題ができなくするという規制強化も一案です。

しかし、SNSで自殺の話をしたからこそ、最終的に自殺を思いとどまった人は救われません。

規制強化によって精神的な居場所を奪われ、より死にたくなってもおかしくはありません。

 

外部からは見られないDM(ダイレクト・メッセージ)を監視するのも一つの対策です。

2007年11月、SNSのモバゲータウンにある日記で、「死にたい」と書いていた女子高生が、30代の男性に殺害されました。

この事件を受けて、モバゲータウンではDMを監視し、危険性のある内容は削除しています。m

ixiでも自殺関連の投稿は削除される決まりになっていますが、完全に「ふさいで」しまうと、救われない人も出てきます。

 

現在、ユーザー数の多いTwitterではDMを監視していませんが、自殺をほのめかすようなメッセージに関しては、機械的に削除するというよりは、注意喚起や専門家につなぐ方法を地道に繰り返していくしかないのではないでしょうか。

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, ,