デヴィ夫人「国境を越えて、一線も・・」あのスーパースターとの恋を告白

2017/12/10

 

元インドネシア大統領夫人でタレントのデヴィ夫人(77)が、4日放送のカンテレ「胸いっぱいサミット!」で、フランス映画を代表する往年の二枚目スター、アラン・ドロン(81)との恋を明かした。

番組ではドロンとデヴィ夫人が親密な笑顔で見つめ合うツーショットを紹介し、デヴィ夫人はタレントの遙洋子に「付き合ったん?」と聞かれて「はい」と即答。

元宮崎県知事、元衆院議員でタレントの東国原英夫(60)に

「一線を越えたんでしょう?」とたたみかけられると

「いいわよ、そんなこと、あなた。ビックリした」

と苦笑いした。

交際の詳細は語らなかったデヴィ夫人だが、東国原は

「国境を越えて、一線も越えて…」

と大興奮していた。

ドロンは美貌がピークにあった1960年代、「太陽がいっぱい」、「若者のすべて」、「地下室のメロディー」、「山猫」、「冒険者たち」、「サムライ」、「さらば友よ」、「シシリアン」など、映画史に残る傑作に数多く出演した。

 

デヴィ夫人は1970年にスカルノ氏と死別している。

 

デヴィ夫人って・・・若い頃はみごとに綺麗でしたね。

 

 



-エンタメ, ゴシップ, 邦楽, 音楽
-, , ,