セミナー1回100万円 SNS駆使する「スピリチュアル詐欺」の手口

 

「スピリチュアル詐欺(以下・スピ詐欺)とは、精神世界を利用して、効果の不明なものを売りつける詐欺商法のこと。

従来の開運商法詐欺は、不安を煽ることで、物品を買わせる手法が主流でした。

しかし、最近のスピ詐欺は、SNSやブログで注目を集め、『幸せになるため』などと希望を見せるのが特徴。被害者の9割以上は女性です」

こう話すのは、5年前から詐欺被害の無料相談を受けつけている「不動法律事務所」の若井亮弁護士。

 

過去5年間で国民生活センターに寄せられた開運詐欺の相談は、4811件に上る。

しかも1人当たりの被害額(契約購入額)でみると、'12年の65万円から'16年には130万円へと、5年間で倍増しているのだ。

「だましやすい人からとことんとるという傾向の表れで、非常に危惧しています。SNSを利用した勧誘が現れたことで、これまで高齢者が多かった相談者の年齢が30~40代にまで広がっているようです」(国民生活センター)

 

若井さんのもとに届いている「スピ詐欺」の被害例を紹介。

 

■カリスマブロガーの巧みな話術で100万円のローン地獄!

1年前、AさんのSNSに“ママ友のSさんが写真を更新しました”というお知らせが。

タップしてみると、あざやかな虹が写った写真とともに、それを見た女性たちの「元気になった!」というコメントが載っていた。

「その写真はSさんがSNSを通して知った、ヒーラー(癒しの力を持つ人)の女性・Mさんが撮ったものでした。素敵だなと思い、私もMさんのブログを読むようになったんです」(Aさん)

 

ブログには海外各地で彼女が撮ったという、竜のように見える雷の写真や、雲が七色に変化していく様子の写真が掲載され、いかにも不思議な力が宿っているように思えた。

このころ、Aさんは小学生の息子の不登校に悩んでいた。

苦しい日々のなか、ブログに寄せられた読者からの「救われた」というコメントを読み、Mさんに話を聞いてほしいと思うようになっていった。

 

そんなとき、Mさんのブログにスピリチュアルセミナーの告知が掲載された。

場所は都内の有名ホテルの会議室なのに、参加費は1,000円。

 

Aさんは思わず参加を決めた。

「初対面のMさんは笑顔で『いい縁が持ててあなたは幸せよ』と。とにかくポジティブで圧倒されました」(Aさん)

 

憧れの人に会えて喜ぶAさんに、Mさんがささやいた。

「来週、特別なセミナーがあるの。あなたも来てみない?」。

ごく少数に向けたセミナーで、参加費は100万円だった。

 

「豊かさを手に入れるためには、最初に出費することで豊かさが入る隙を作らないとだめなのよ」

まるで催眠術にかかったかのように、Aさんはローンでセミナーを契約。

気がつくと、毎月ローンに追われる地獄に落ちていたのだ……。

 

■波動が上がるグッズ購入で100万円以上のリボ払い!

20代前半のBさんは、ネットサーフィン中に見つけたスピリチュアルブログの愛読者になった。

ある日、そのブログは「天使が見える」ヒーラーが運営していることが判明する。

ブログには、「波動を高めれば、誰でも天使とつながれる」と書かれていた。

 

仕事のことで悩んでいたBさんは、「波動が上がる」パワーストーンやオイルを次々購入。

総額はリボ払いで100万円を超え、毎月利子だけで3万円以上を返済する羽目になった……。

 

こうした被害に遭わないために、若井さんは次のように警鐘を鳴らしている。

「自分のお小遣い程度で済むものであれば、気にする必要はないでしょう。何を信じるかは個人の自由だし、癒されるのが目的であれば、それが実現する限り問題はありません。

ただ、借金をしてまで続けることかどうかが、1つの判断基準。つぎ込む前に一度、家族や友人に相談し、客観的な意見を聞くのが一番です」

 

被害額の高額化が進むスピ詐欺。

スマホの普及により、そのわなはより身近になった。

一度支払ったお金は戻ってこない。

 

スピリチュアルな商品やセミナーにお金を使いたくなったときは、一度冷静に考えてみる必要がありそうだ。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,