超多忙な安倍首相が香取慎吾と会った理由

 

3人そろっての共演は、昨年末の『SMAP×SMAP』最終回以来、実に10か月ぶりのことだ。

11月2日21時、ファン待望のネットテレビ番組『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)の放送が始まる。

 

9月にジャニーズ事務所を退社した稲垣吾郎(43才)、草なぎ剛(43才)、香取慎吾(40才)が丸3日間の間に、入れ替わり立ち替わり出演するという。

 

「草なぎさんは毎日10時には寝るという生活なので、ちょっとずつ夜更かししたりして、番組中に眠くならないように“訓練”しているようですよ」(芸能関係者)

 

豪華共演陣にも注目が集まる。市川海老蔵(39才)や山田孝之(34才)、関根勤(64才)、堀江貴文(45才)、GLAYの出演が発表されていて、彼らが“ネット初心者”の3人に、SNSの使い方を指南しながら番組は進んでいくという。

 

「クイズコーナーの司会者には堺正章さん(71才)の出演が内定しているそうです。地上波に比べ、ネットテレビは自由度も高く、生放送なので飛び入りゲストにも期待大。香取さんの親友の山本耕史さん(41才)が出演するなら、妻の堀北真希さん(29才)も久しぶりに姿を見せるかもしれません。

また、香取さんの“恩師”である萩本欽一さん(76才)や、草なぎさんのメンター(仕事や人生の助言者)であるタモリさん(72才)が“超豪華なチョイ役”として登場するサプライズも噂されます」(別の芸能関係者)

 

ネットを中心に、“ゲリラ戦術”を展開する3人には、「地上波テレビに思うように出られないから」という厳しい見方もある。

 

しかし、彼らはSMAP時代とは違った一面を見せ、確実に活躍の幅を広げている。

 

香取は10月30日、自らの作品が飾られている企画展に安倍晋三首相(63才)を案内し、「アーティストとして活動されることも期待しています」と賛辞を受けた。

 

実はこのツーショット、SMAPの有終の美のタイミングでも実現しなかったものだ。

 

「安倍首相は昨年末の『スマスマ』最終回のビストロスマップのゲスト候補として検討されましたが、出演は見送られました」(テレビ局関係者)

 

一国の首相と共演するハードルは並大抵ではない。

しかも、今は衆院選が終わった直後で、政治日程が詰まっている時期だ。

 

「翌々日の特別国会初日に首班指名を受け、さっそく組閣。しかも、直後にはトランプ米大統領の来日も控えていて、超多忙なタイミングでした。

普通なら、展覧会に行っている時間的な余裕はありません。それでも、“香取さんとの共演のために”無理してでも足を運んだんです」(全国紙政治部記者)

 

安倍首相はわざわざその日のフェイスブックに香取とのツーショットを掲載している。

それほどまでに、なぜ香取に会いたかったのか。

 

「展示会を主催する日本財団は、2020年の東京パラリンピックの有力後援団体です。財団は香取を“パラ五輪の顔”にしようとしています。財団の会長や関係者が、香取の才能に惚れ込んでいるのだそうです」(五輪関係者)

 

実は、安倍首相も“東京五輪は自分が主導する”と強く意気込んでいるという。

 

「首相を辞めた後、『五輪・パラリンピック組織委員会』会長の座を狙っているのでは。財団や香取と関係が深ければ有利に働きますから、今のうちに会っておきたかったのでしょう」(前出・記者)

 

「アイドル」から「発信力のある文化人」への転身。

パラ五輪の顔を務めるということは、それだけの“政治力”を持つことも意味する。

 

「たとえば、小池百合子東京都知事(65才)と共演するのは確実ですし、各界の有力者がこぞって香取さんと会うことになるでしょう。彼がプロデュースするパラ五輪関連イベントも少なくないでしょうし、影響力はますます強まるでしょうね」(前出・記者)

 

3人が描く地図は、果てしない。

 

 



-話題
-, , , ,