インパルス・堤下敦の復帰は絶望 「運転中は人が変わる」

 

人身事故を起こし、謹慎処分を受けた吉本興業のお笑いコンビ・インパルスの堤下敦(40)。お笑い関係者によれば、「芸能界復帰は絶望的」だという。

 

先月27日、堤下が運転する乗用車が神奈川県・横浜市内でゴミ収集車に追突。

収集車の乗員2人は、首などに軽傷を負ったという。

堤下は、6月にも東京・世田谷区内にある銭湯で入浴後、睡眠薬と抗アレルギー薬を服用し、電柱に衝突したばかり。

今回の事故では

「前の事故以来、運転前には睡眠薬を飲んでいない。考え事をしていた」

と話しているという。

 

「堤下は、前回の事故の後、仕事が激減。インパルスとしてのメディア露出も減り、最近はネットのアイドル番組の司会や、ライブハウスでのトークライブなど、地味なピン仕事をこなしていた。

『はねるのトびら』(フジテレビ系)にレギュラー出演していたときとは違い、もしこのまま引退しても、芸能界に大した影響はなさそうです」(お笑い関係者)

 

2度目の事故を起こす前日、自身のTwitterで「おい!年末暇ですぞ!関係各所の皆様。仕事ください!(^^)」とツイートしていた堤下。

 

その約2週間前の先月13日に出演したネット番組『エゴサーチTV』(AbemaTV)では、登場するなり

「この度は私の不祥事により、変な噂が回ったこと本当に申し訳ありません」と謝罪。

 

世間から

「堤下が人を轢いた」

「飲酒運転だった」

などと、同じ時期に他の吉本芸人が起こした不祥事と混同されていると主張し、

「いや、人は轢いてねぇから!」

などとツッコんでいた。

 

「レイザーラモンRGのバイクチームに所属するなど、乗り物好きとして知られる堤下ですが、ハンドルを握ると運転も口調も荒くなり、見た目も相まって、まるで『ドラえもん』のジャイアンのようになる。ゴミ収集車に突っ込んだと聞いても、不思議に思う知り合いは少ないのでは?」(同)

 

相方の板倉俊之はというと、自身が執筆したハードボイルド小説『トリガー』や『蟻地獄』(共にリトルモア)が漫画化。

漫画版『トリガー』は累計50万部を突破し、本人も「印税だけで食ってた時期がある」などと発言している。

 

「もともとコンビ仲は悪い2人ですが、2度の事故で解散は決定的とも。また、お腹全体が真っ赤に腫れ上がるなど、酷いアレルギー症状に悩まされているという堤下ですが、以前、ツイキャスを配信した際、視聴者から『右顔に軽い脳梗塞の症状があるように見える』と指摘されたことも。体調面に問題がある可能性も」(同)

 

相方にだけでなく、ゴミ収集車にまでツッコんでしまった堤下。

「もう笑えない」という声が相次ぐ中、果たして復帰は叶うだろうか?

 

今話題のあおり運転でキレてる運転手なんですね・・・

この性格では復帰は無理ですね。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , , ,