大阪桐蔭が猛打爆発、15安打12点で8強へ

 

「高校野球・秋季近畿大会・1回戦、大阪桐蔭12-0京都翔英」

(31日、シティ信金スタジアム)

今春センバツ王者・大阪桐蔭(大阪1位)が15安打12点で、京都翔英(京都2位)を七回コールドで破って8強へ進出し、4年連続のセンバツ出場へ前進した。

強力打線が、試合開始直後から京都翔英に襲いかかった。

一回1死から連打と相手の失策で先制。


【もしもアフィリエイト】ってなに?


さらに6番・井阪太一内野手(2年)の適時打と、7番・宮崎仁斗外野手(2年)の右犠飛で3点を奪った。

二回はU-18日本代表の1番・藤原恭大外野手(2年)が、右中間へ特大のソロ。

五回には4番・根尾昂内野手(2年)が、右翼席へ打った瞬間にスタンドインと分かるソロを放った。

大阪桐蔭は、準々決勝で近大付(大阪3位)-高田商(奈良2位)の勝者と対戦する。

選抜でまた彼らの雄姿が観たいですね!!

 

-いい話, スポーツ
-, , , , ,