米地元紙 マエケン救援失敗に 「彼は疲れていた」

 

ワールドシリーズ第5戦は、両チームで合計28安打、7本塁打という乱打戦の末、延長10回にアストロズがアレックス・ブレグマンの決勝適時打で13-12とサヨナラ勝ちし、5時間17分に及ぶ試合の幕を閉じた。

これでアストロズが対戦成績を3勝2敗とし、球団史上初の王者に王手をかけた。

もうあとのなくなったドジャースは、ホームに戻る第6戦以降で連勝して29年ぶりの優勝を目指す。

2勝2敗で迎えた第5戦の先発はエース、クレイトン・カーショーだったが、4回に4失点し同点にされ、再び3点のリードを奪ったが、5回に二死から連続四球を与えたところでロバーツ監督は動き、ポストシーズン7登板で無失点の前田健太をマウンドへ。

しかし、先頭のホセ・アルトユーベに同点となる3点本塁打を浴びてしまう。

前田は6回もマウンドに立ったが、先頭打者から空振り三振を奪い、次打者に四球を与えたところで降板した。

この敗戦を受けてロサンゼルス・タイムズ紙は、

「前田健太の第5戦での運命の一瞬は、ドジャースの危機という結果になった」

という記事を掲載した。

同記事は、

「アストロズはコリン・マクヒューとブラッド・ピーコックを使い、二人で計3回3分の1を投げ5点を失った。しかし13-12で勝ったアストロズからしてみれば、そんなことはどうでもいいことだ。

ドジャースは、前田健太にマウンドを任せたが、(アストロズと)同じくあまりうまくいかなかった。そして、彼の失敗は危機に繋がった」

と前田のピッチングを敗因とした。

「ここまで来たら自分の体よりチームが勝つことの方が大事」

という前田のコメントを紹介し、

「前田は(それまで)ポストシーズンで30打者と対戦し、失点も長打もなかった。しかし日曜日(の第5戦)はどちらも許してしまった」

と説明。

 

「先発投手としての前田は、急がずにウォームアップすることに慣れている。(第5戦で)5回に入った時は、前田が、この回に必要になるという兆しはなかった。

カーショーは最初の2アウトを取り、あと1球でこの回を終えられるところまで来ていた。

しかし、ジョージ・スプリンガーがフルカウントから8球目で四球を選び、続くアレックス・ブレグマンは10球で四球。それでカーショーの登板は終わった。

前田は最初の2アウトがあまりにも早かったために、この回の後の方になるまでウォームアップを始めていなかったが急いでマウンドに行くことになった」

と、前田の準備が万全でなかったことを指摘した。

結果的に代わり端にアルトューベに同点本塁打を許してしまった。

 

同記事は、

「前田は日本で218試合に登板したが、そのうちの217試合が先発登板だった」と、

日本でもリリーフの経験がほぼ皆無であることを紹介。

 

さらに

「ドジャースでの最初の45度の登板でも、昨季のプレーオフでの3度の登板も、すべてが先発だった。しかしながら6月にあまりにも多くの先発を抱えていたドジャースは、前田を2度救援で使った。

その結果は10月(のポストシーズンで)前田をもう一度救援として使おうと決めるのに十分なほど上手くいっていた」

と、前田がポストシーズンで救援に回った経緯を説明した。

「ドジャースはプレーオフの最初の2ラウンドで前田を5度起用し、どの試合も1イニングずつ投げさせて彼は完璧だった。そしてワールドシリーズでは、彼の起用時間を思い切って延ばした。それも日曜日まではうまくいっていた。

第2戦で、前田は1回3分の1を投げて安打は許したが無失点に抑えた。第3戦では2回3分の2を投げた。完璧に抑えたわけではなかったが、やはり無失点だった。

彼のポストシーズンでの防御率は0.00だった。しかし第3戦で彼は42球を投げた」

と、データを明らかにした上で、

 

「救援として100%フレッシュの状態になることは難しい。なぜなら毎日準備しなければならないからだ」

という前田にコメントを紹介。

「彼は疲れ切っていたのかも知れない。しかし誰もが今わかっていることは彼のポストシーズンの防御率がもはや0.00ではないということと、あと1敗でドジャースはワールドシリーズ敗退の危機にあることだ」

という言葉で記事を締めくくった。

ドジャースは、最も信頼の出来るカーショーと、ポストシーズン中に、誰よりも計算できる救援という存在になっていた前田が打たれ王手をかけられた。

 

ドジャースは崖っぷちの状況で本拠地に戻る。

 

第6戦、ダルビッシュでいきましょう!!

彼の男気が観たい!!

 

 

 



-スポーツ, 話題
-, , , , ,