浅田真央さんホノルルマラソン挑戦 大笑いしたのはあの会社

 

「マラソン挑戦」というスポーツ紙の見出しに、フィギュアを辞めたら次は陸上選手か、と思った人も多かった浅田真央(27)。

実際には、元銀盤の女王の“挑戦”は“お遊び”程度だったが、それでも、あの会社は大笑いだとか。

 

くだんの記事がスポーツニッポンの1面を飾ったのは10月12日のこと。

 

しかし、ライバル紙のデスクは、

「浅田真央がホノルルマラソンに挑戦すると、スクープのように報じていましたが、あれは宣伝の記事でしょう。だからうちが“抜かれた”という意識はまったくありません」

と、こう続けるのだ。

「マラソンは12月10日に行われ、その模様は1月13日にTBS系列で放映されます。スポニチはTBSの系列ですからね」

だが、真央が久々に脚光を浴びる場になることには違いない。

 

実は、真央に対しては、各社からオファーが殺到していたそうで、テレビ局関係者によれば、

「平昌五輪や東京五輪の関連番組への出演依頼ですが、これまでことごとく断られているんです」

 

それを聞いて、プロスケーターの渡部絵美さんは、

「今まで選手としてリンクに立って試合をしていた人が、今度はリンクサイドから試合を観るのは、いい経験になると思いますが」

と惜しむが、真央の心中をスポーツライターの折山淑美さんが代弁する。

 

「彼女はソチ五輪終了後も、平昌五輪を目指して、今度出場する選手たちとしのぎを削ってきた。そういう選手たちを解説者という立場で評価するのは、嫌なのではないでしょうか」

 

その一方で、

「これまでフィギュア一筋だった彼女には、指導者になるためにも、いろいろな経験が必要だと思います」

とも言うが、そこで再び先のテレビ局関係者の話。

 

「非常にありがたい」

「マネージャーも“今は真央のやりたいことだけをさせてあげたい”と言っていて、何もやりたくないわけではない。五輪絡みはダメでも、真央に興味があることなら受けてもらえないか。

そう考えて大手広告代理店が、真央と親しいTBSのプロデューサーに打診させ、快諾を得たのです」

 

実際、真央の事務所も、

「以前からホノルルマラソンは、幼馴染が何度も経験していることもあり、本人が一度は走りたいと思っていたものです」

と回答するのだ。

 

TBSが上手いことやったワケだが、もっと笑っている企業があるという。

長く運休していた成田―コナ線を9月15日に再開させたばかりのJALである。

なにしろマラソンの正式名称も「JALホノルルマラソン」だ。

 

「当社から浅田真央さんに要請したわけではなく、マラソン時の航空便もすでにほぼ満席状態です」

 

広報部はそう言いつつ、

「有名な方が参加していただけるのは、非常にありがたい。まして、私どもがスポンサーをしている浅田さんですから」

 

漁夫の利にしては、できすぎな気もするが。

 

真央ちゃんほどの人が何か行動を起こすと、色んな営利が発生してきちゃいますね・・・

 

 

-いい話, スポーツ, 話題
-,