映画 『彼女がその名を知らない鳥たち』は全員ゲスなのに涙が止まらない傑作!

 

映画ライター斎藤香が最新映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。

今回ピックアップするのは、沼田まほかるのミステリー小説を映画化した作品『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017年10月28日公開)です。

沼田まほかるの原作小説を映画化した作品には、このほか2017年9月に公開された『ユリゴコロ』(吉高由里子、松坂桃李、松山ケンイチ出演)があります。

今回のヒロインも「ユリゴコロ」同様にゲス女です。というか『彼女がその名を知らない鳥たち』に登場する男女は、すべて最低人間ばかり。

けれども、これが思いがけない感動作なのです。

 

【物語】

十和子(蒼井優)は、同居している陣治(阿部サダヲ)に生活の面倒を見てもらいながらも、彼のことを足蹴にしています。

十和子は行方不明になった昔の男・黒崎(竹野内豊)を忘れられないまま。しかし陣治は、十和子にどんなに冷たくされても、彼女のことをとても大切にしていました。

ある日、十和子は、デパートへのクレーム電話をきっかけに時計売り場の水島(松坂桃李)と知り合い、妻子持ちの水島とたびたび体の関係を結ぶ仲に。

そんな十和子を隠れてじっと見つめる陣治。彼はずっと十和子をストーカーしていたのです……。

 

【ゲス女が求める偽りの幸福】

こんなにゲスが集まる映画も珍しいのですが、まずヒロインの十和子。陣治の家に住み、金をもらい、生活を支えてもらっているのに陣治を毛嫌いし、暇さえあればクレーム電話ばかりかけています。

そのクレームがきっかけで知り合った水島とは、すぐ体の関係に。水島に嫌われたくなくて、陣治が十和子のために必死で働いたお金を「いつも払ってもらっているから」と彼に渡しちゃうんですよ。ひどくないですか!

水島と不倫する一方で、十和子は過去の男・黒崎のことが忘れられず、二人の思い出DVDをこっそり見ています。そんな十和子に姉(赤澤ムック)は「あの男のことは忘れて。ひどい目にあったでしょう」と言いますが、黒崎は行方不明ゆえに、彼女は黒崎のことが気になって仕方がないのです。

そんな風に常に男がいないと生きていけない十和子は、歯の浮くような言葉と体を重ね合うことが愛だと信じ、美しい男とのフワフワした現実離れした幸福を求めています。

だから十和子は、陣治のことが嫌いなんですよ。薄汚れた服装で不潔な陣治は、常に厳しい現実を突き付けてきますからね。

「私にはこんな男しかおらんのか!」と思っちゃうんです。

 

【ゲス男たちでいちばん輝いているのは?】

男なしでは生きていけない十和子をとりまくのは、最悪な男たち。その中で、誰が一番ゲスでしょう?

私的には黒崎です! 黒崎は十和子にセレブ的ないい思いをさせましたが、そのあとの落とし方がひどい!

彼の暴力と裏切り行為はまさに極悪非道で、十和子はきっと天国から地獄ほどの恐怖と屈辱を味わったでしょう。

その次は、妻子ある身ながら十和子の体を弄んだ水島です。女と寝ることしか頭にないゲス男なのに、十和子は彼の嘘を見抜けない。

見ていて超イライラしてしまいました。本当に顔と身体の相性が良ければいいんだな、十和子! しっかりしなよ! みたいな。

 

見た目はいちばんイケてないけど、一途な心を持っているのは陣治です。ただ本当に不潔なんですよ~。

食事中に水虫の脚をさわったり、すぐご飯をこぼしたり、シャワーあびたことないのかってくらい、いつも汚いのです。おまけに十和子十和子と、しつこい!

おそらくこの映画を見た女性は、陣治の見た目と行動にドン引きすると思います。しかし、彼は心が本当に清らか。十和子に執着し、ストーカーまでしていますが、これには理由があるのです。真実のすべてが明らかになるラストは、泣けて仕方ありませんでした。

「十和子を絶対に守る」という陣治の愛の深さにぐっと引き寄せられて、彼が天使に見えたくらいです。

 

【映画のレベルを上げた俳優陣の熱演】

蒼井優さんは、松坂桃李さんや阿部サダヲさん相手にこれまで見せたことのなかったセクシーな演技を見せ、女優としてのレベルアップ感はハンパありません。

特に中国人女性を演じた『ミックス。』を見たあとにこの映画を見ると、蒼井優の凄さがよくわかりますよ。演技の幅がハンパなく広いです。

松坂桃李さんは、うすっぺら~い好色な口だけ男を好演。十和子とのベッドシーンでは、囁き声が色っぽく、けっこう生々しくてドキドキ。

松坂桃李史上、最高のエロさで勝負しています。

 

また竹野内豊さんは、お金持ちのイケてる男が徐々にゲスになっていく過程が気味悪いです。やさしい声でひどいことを言うドス黒いイケメンぶりで、新境地開拓です!

そして阿部サダヲさんは、不潔だけど清らかという見た目と心のギャップが凄く、陣治のすべてが強烈。特に最後の長セリフは涙が止まりませんでした。

俳優陣の熱演が映画のレベルを確実にあげている『彼女がその名を知らない鳥たち』ですが、なにげないセリフやシーンの中にラストに繋がる伏線が隠されていて、最後まで見ると「ああ、そうだったのか」という謎解きのようなカタルシスも味わえます。

 

刺激的なラブストーリーを求めている女子必見。本作は紛れもない愛の傑作です!

執筆:斎藤 香 (C) Pouch

 

『彼女がその名を知らない鳥たち』
(2017年10月28日より、新宿バルト9ほか全国ロードショー)

監督:白石和彌
出演:蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、村川絵梨、赤堀雅秋、赤澤ムック、中嶋しゅう、竹野内豊
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

 

久しぶりに映画が観たくなりました。

 

 

-いい話, エンタメ, 映画
-, , , ,