ドラフト直前、名スカウトが選ぶプロで通用する10人

 

プロ野球ドラフト会議が行われる26日が近づいてきた。注目は早実の清宮幸太郎だが、クジを引き当てることができるのは1球団だけ。

残る11球団は、単独指名、或いは、外れ1位で重要な1位枠を誰に使うかの戦略を練る必要がある。

清宮以外にプロで通用する可能性の高い候補は他に誰がいるのか?

ヤクルトの名スカウトとして30年以上の活動を続けた片岡宏雄氏に「気になる10人」をピックアップしてもらった。
片岡氏は、

「1位を12人並べるのに苦労する年。間違いなくプロで通用する即戦力投手は2人だけだが、伸び幅や可能性を秘めた社会人、大学生はいる。清宮も含め将来性が楽しみな高校生の野手も1位に挙がってくるだろうが、各球団のチーム事情や、戦略、好みによってバラけてくるだろう」

と全体像を予想する。

片岡氏が、「すでにプロの力がある」と評価したのが、JR東日本の左腕、田嶋大樹と、ヤマハの鈴木博志の2人だ。

田嶋は、佐野日大高時代にセンバツでベスト4に入りプロも注目していたが社会人に進んだ。

最速152キロの左腕で、独特の角度から投じるクロスファイアーとカットボールが武器。完投能力も高くU23侍ジャパンにも選ばれMVPを獲得している。

 

鈴木は、磐田東高時代には、肘を疲労骨折して手術したが、ヤマハに進んで開花。

最速157キロを誇るストレートは、常時150キロ以上をマークするパワーピッチャーだ。

「田嶋は先発としてすぐ使えるだろう。ボールに角度があり、同じ腕の振りでカットボールを操る。コントロールも、まずまずだし、阪神の能見のようなローテー投手として定着できる可能性がある。鈴木は、対照的なパワーピッチャー。

馬力がありボールにスピンが効いていて、あれだけの球威があればリリーフとして即通用する。守護神が欲しいチームは喉から手が出るほど欲しいだろう」

即戦力投手として、この2人に続いて片岡氏が選んだのが、日立製作所の鈴木康平、仙台大の馬場皐輔、明治大の左腕、齊藤大将の3人だ。

鈴木は、甲子園出場経験はないが、千葉明徳高時代からプロ注目の右腕で国際武道大を経て日立製作所へ進み、最速は151キロの本格派。

真上から振り下ろすストレートと変化球のコンビネーションは異色だ。国武大時代は、肩の手術などがあり、プロから敬遠されたが、今ドラフトでは再び存在がクローズアップされている。

 

馬場は、最速155キロに多彩な落ちるボールを持ち、仙台6大学リーグでは、ほとんど失点がない。

仙台育英高では甲子園のマウンドも経験している。

 

明大の齊藤は桐蔭学園出身の変則左腕。

「鈴木は、ピッチャーらしいピッチャー。球離れが若干早いのが気になるが、社会人ながら伸び幅にも期待できる。明大の齊藤は、変則の部類に入る左腕だが、肘の使い方が柔らかく独特なのでプロでも打者はボールが見にくく戸惑うと思う。

今季、楽天で変則左腕の高梨が戦力になったが、斎藤も先発でもワンポイントでも使い勝手はいいだろう。仙台大の馬場は、身体能力の高さを感じさせる本格派。日ハムに入って活躍している有原を彷彿させるものがある」

 

10人には入らなかったが、大学生では、立命大の東克樹、岡山商大の近藤弘樹の名前が続いた。

左腕の東は愛工大名電時代に甲子園出場経験があり立命大へ進み急成長、最速は152キロで、何しろ制球力が抜群でノーヒットノーランも達成している。

岡山商大の近藤は、中央では無名だが、ストレートは152キロをマーク、球威でグイグイ押し込んでくる本格派。プロで通用する体力がある。

「東は、コントロールがあるのでワンポイントとしてはすぐ使えそう。ただ指にかかっていないボールがあって、まだムラがある。大学生にしては体力に不安もある。

近藤は、逆に下半身のごつさが目につくし投げる形がいい。プロで順調に育てばローテーの一角を奪ってしまいそうなスケール感は感じる」

高校生ピッチャーも、将来性をテーマに2人をピックアップ。

甲子園出場はないが、12球団のスカウトが“栃木詣で”をしたという最速151キロの右腕、青藍泰斗の石川翔と、熊本工の152キロ右腕、山口翔の“ダブル翔”だ。

「石川は、体にバネがある。腕が長い投手は、それほど早く腕を振れないものだが、彼は違う。当然、球持ちも長い。育てる余裕のあるチームは、上位で確保としておきたいだろう。

楽天の藤平のように意外と1軍に出てくるのは早いかも。山口も下半身が沈みこむようなフォームで馬力があり、高校生にしては下半身が安定している。伸び幅が大きく期待できる素材だ」

 

野手に目を向けると清宮と共に履正社の安田尚憲内野手、広陵の中村奨成捕手の高校生3人が堂々の1位候補。

安田は、最後の夏は、激戦区大阪で敗れて甲子園出場はならなかったが、通算38発の長距離砲で、中村は甲子園の最多本塁打記録を更新、一躍、ドラフト上位候補として急浮上、すでに地元の広島が、他球団を牽制するために1位指名を公言している。

「木のバットを使ったU18W杯の大会で適性を見せたのは安田一人。右、左は違うが、巨人に入った岡本よりも可能性を感じる。中村は、広島が1位指名を明らかにしているが、もしかすれば重複があるかもしれない。疲れからU18W杯では、結果が出なかったが、捕手は、まず守り。

肩とキャッチングは抜群だし、あの柔らかい打撃センスを見せられると捕手難の野球界だけに1位で欲しい球団は少なくないだろう」

片岡氏は、

「使ってもらえれば、将来間違いなく出てくる素材」として、U18W杯の代表に選ばれた横浜の増田珠外野手の名前を次の指名グループにつけくわえた。

「清宮ドラフトと呼ばれているが、こういう年にこそ、外れ1位の選択を含めて、各球団のスカウトの腕の見せどころになる」。

 

名スカウトが選んだ10人は果たして、どの球団のユニホームを着ることになるのか。

 

いよいよ26日ですね。どんな結果になるのやら・・・

 

 



-スポーツ, 話題
-, , ,