南半球で猛威の「殺人インフルエンザ」 日本上陸か??

 

今冬は例年以上に警戒を強める必要がありそうだ。

南半球で猛威を振るった「殺人インフルエンザ」が、上陸秒読みと見られているからだ。

 

日本とは季節が真逆の南半球、特にオーストラリアでインフルエンザが大流行している。

豪政府の統計によれば、9月29日の段階で19万5312人の罹患者、417人の死亡者が確認されている。

 

前年同時期のオーストラリアでのインフルエンザによる死亡者は65人。

今年はその6倍を超える死者が出ている異常事態なのだ。

 

オーストラリアではA型、B型のインフルエンザが同時に流行しているが、死者の多くは香港A型の一種である「H3N2亜型」に罹患していた。

国立感染症研究所の前インフルエンザウイルス研究センター長・田代眞人氏が解説する。

 

「昨年米国で大流行したH1N1型は2009年に発生した新型インフルエンザの系統でしたが、今回のH3N2亜型はそれよりも人に対する病原性が強い。

特に免疫力や抵抗力の弱い高齢者や乳幼児、妊婦などを重症化させやすいことが指摘されています」

 

オーストラリアでも5~9歳、80歳以上の高齢者に特に感染者が多かったと公表されている。

 

「南半球で流行したインフルエンザはその半年後に北半球で流行する傾向が見られます。

今後の流行はウイルス動向の集計を待つ必要があるが、南半球と同程度以上の流行を想定しておく必要があるでしょう」

 

厄介なインフルエンザを重症化させぬ方法

インフルエンザの流行が収まらない。「インフルエンザは風邪のひどいやつ」という意識を持っている人も少なくないが、大きな間違い。

重症化して「インフルエンザ脳症」まで進行すれば、死の危険性すらあるのだ。

インフルエンザ脳症の症状は、けいれん、意識障害、異常行動の3つで、熱が急激に上がった時になりやすい。

目がうつろになったり、わけのわからないことを口走ったり、興奮して走り回ったりする。

場合によっては熱が出始めてから2、3日で死に至ることもあります。

知的障害、てんかん、高次脳機能障害などの後遺症が残ることもある。

 

「食欲がないからといって、何も食べないのでは栄養不足のために免疫力が低下してしまいます。頑張ってしっかりと食事をとること。そして水分をきちんととることが大切です。

高熱が出ることで体から水分が蒸発し、体内の水分が不足してしまう。とくに高齢者は、脱水状態のために腎不全を起こしてしまうケースもある。

果物やジュースからでもいいので、栄養と水分をしっかりとりましょう」(宮川さん)

インフルエンザの予防接種を受けた人も油断してはいけない。

インフルエンザワクチンの有効率は60~70%。

仮に感染しても重症化しにくいが、稀に重症化して亡くなるケースもあるから「絶対安心」とは言い切れないのだ。

「ワクチンを打った人の場合、症状があまり出ず、“普通の軽い風邪”と思って病院に行ったらインフルエンザだったということがざらにあります。

発見が遅れてこじらせたり、周囲にインフルエンザウイルスをばらまいてしまう危険性があるので、“普通の風邪だろう”と思っても、一度受診したほうがいい」(宮川さん)

A香港型の流行は2月下旬まで続き、その後、徐々に患者は減っていくと見られるが、安心するのはまだ早い。

「3月になると、今度はB型が流行り始めます。B型は基本的にA型と同じ。引き続き注意が必要です」(宮川さん)

インフルエンザが普通の風邪と違うのは、飛沫感染だけでなく、接触感染もしてしまうこと。

例えばインフルエンザにかかった人が触った電車の吊り革などに触れると、指についたウイルスが鼻や口に入って感染してしまう。

予防のために、徹底した手洗いを忘れないことが肝心だ。

 

気を付けて下さいね!!

 

 

-話題
-,