張本勲氏 巨人時代に長嶋茂雄氏から平手打ちを食らった秘話

 

TBS系「サンデーモーニング」の「喝!」で人気の野球評論家、張本勲氏(77)が21日放送の同局系「サワコの朝」に出演し、巨人時代に長嶋茂雄監督(81)から平手打ちを食らった秘話を打ち明けた。

張本氏は1976年、日本ハムから巨人に移籍。

監督2年目の長嶋氏は

「厳しかったですよ。野球にすごく純粋な方なんですよ。勝ちたい一心なの」

という人物だった。

「私35歳でしょ。パ・リーグでは肩で風切って歩いていた生意気な男ですよ」

という張本氏だが、長嶋氏には

「引っぱたかれましたよ。平手」

と、ビンタされたという。

 

「富山県でゲームがあって、2対1でうちが勝ってたんですよ。確か6回裏かな。1アウト一、三塁。私ですよ」

というシチュエーション。

「スクイズのサイン出てた。見ませんよ!。出ると思わないから。それでボール投げたでしょ。三塁ランナーの柴田(勲)が走って帰ってくるわけですよ。

『お前何やってんだよ!』『張本さん、スクイズですよ!』」

 

張本氏は

「私、何十年やってるけど、バントやったことないんだから。スクイズってのはね、打てない人がだいたいやるもんだから。なんで俺にバントのサインしやがってと思うじゃん」

と、不満タラタラ。二死二塁と場面は変わり、張本氏は

「たまたまヒット打って二塁ランナー帰ったんですよ」

と、適時打を放った。

試合後、長嶋監督に呼ばれて

「よーし、小遣いでもくれるかな」と行った張本氏だが

「座れ!」と一喝されて「パチーンと来たよ」と平手打ちされた。

 

長嶋氏は

「お前がゴロを打つ場合もあるじゃないか。ダブルプレーなら点が入らないじゃないか。もう1点どうしてもほしいんだ。点が入って2アウトセカンドで王(貞治)に回して、そういう流れを俺は考えてたんだ。

なんで監督のサインに従わないのか。お前が将来、指導者になったら、この気持ちが分かるはずだ」

と、張本氏に熱く説いた。

張本氏は

「この人は野球に対して純粋」と痛感し

「よし、この人についていこうと思った。生意気な私をね、たたく人います?いないです」

と、長嶋氏に忠誠を誓ったという。

 

近年、部下を叱れない上司が多いですよね。

理由がはっきり納得できれば叱られる部下も納得します。

 

 



-いい話, スポーツ
-, ,