香取慎吾ジャニーズ退社後初イベント 「憑き物が落ちた」笑顔!

 

ジャニーズ事務所を退社後も、何かと芸能界を賑わせている元SMAP・稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾。

その中で香取が13日、退社後初公の場となる「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展」のレセプションに登壇し、芸能マスコミは大騒ぎだったようだ。

 

「マスコミ各社は、取材の案内を当日受け取ったところが大多数のようでした。それでも100人近い記者が押しかけ、受け付け開始時間前から多くの記者が待つような大盛況ぶりでしたよ。

事件などの緊急会見以外で、当日に呼びかけをして、これほど集まることはなかなかないでしょうね」(ワイドショー関係者)

 

その現場では、記者たちの間で、こんな声もちらほら聞こえていたのだとか。

 

「これまでジャニーズ事務所の取材がNGだった媒体も、この会見は取材可能だったり、WEBでの写真使用が可能と当日のレジュメにも書かれていたりといった感じでした。

急場の仕事が増えたことで『これならNGの方がよかった』と、冗談が飛び交うほどでしたよ」(同)

 

そんな中、登壇した香取についてこんな感想も。

 


【もしもアフィリエイト】ってなに?


「香取の、以前より明らかに生き生きとした表情を見た記者たちの間では『憑き物が落ちたみたい』と評したり、香取が絵を描くときの心情について『自分の想いとか心が爆発しそうなときに、それを絵にぶつける』と語ったことをはじめ、以前より自由に自分の言葉で話している印象でしたよ」(同)

 

また、対応の面でも、これまでのジャニーズ事務所絡みのイベントとは違った部分が見られたという。

 

「この日、ステージを下りて、レセプション参加者と歓談する時間もあったのですが、この部分も撮影できました。

今までは、なるべくオフショット的なものを撮らせないようなイベント構成でしたし、退出するときに記者の声がけにも足を止めて笑顔で対応をしたりと、サービスが良くなっている感じでした」(同)

 

去り際に香取は「新しいこと始まってます」と話していたようだが、どうやらメディア対応も刷新するつもりのようだ。

 

いろんな事に縛られていたんでしょうね・・・

彼らしく明るく皆を楽しませて下さい。

 

 

-話題
-, , , , ,