桑田真澄がついに“あの日”の真相を・・巨人との間に密約はあったのか?

 

「本当は墓場までもっていくつもりだったんですけど、あれから30年以上経ちましたし、もう時効ですからね」

インタビューの終盤、桑田真澄氏は今回の取材を受けた理由について、静かにこう語った。

PL学園のエースとして甲子園優勝2回、準優勝2回、戦後歴代1位の甲子園通算20勝を挙げ、プロでも通算173勝。

'07年に移籍したパイレーツで、メジャー登板を果たし、引退。数々の記録を打ち立てた大投手が、一度は死ぬまで封印しようとした出来事――

それこそが、1985年11月20日、あの運命のドラフト会議の記憶だった。

'85年秋、2人の「甲子園の英雄」の高校卒業後の進路に世間の注目が集まった。

“KKコンビ”と呼ばれた英雄、清原和博氏はプロ入りを志望し、巨人への入団を熱望。

もう1人の英雄・桑田氏は、早稲田大学への進学を希望しているとみられていた。

 

しかし11月のドラフト会議で、巨人は桑田氏を1位で単独指名して交渉権を獲得。

 

清原氏には6球団が1位指名で競合し、抽選の結果、西武ライオンズが交渉権を得たのだが、巨人からの指名を希望していた清原氏はドラフト後の会見で涙を流したのだった。

その後清原氏は西武へ、桑田氏も大学の入学試験を辞退し、巨人に入団した――。

 

KKの運命が決定的に分かれたあの日。

清原氏は、自らの半生を振り返る小誌連載「告白」第5回(Number935号)で、当時のことをこう明かした。

「そのすぐ後(ドラフトの記者会見後)、こう思ったんです。巨人は裏切った。

ましてや桑田を1位にした。これが桑田じゃなければ、俺はこんな感情にならなかったはずだって……。桑田がそんなに巨人に行きたかったなんて、当時の僕は知りませんでした。

確かにグランドで話した時に、巨人で一緒に野球やれたらいいな、と言っていたんですが、そこまで巨人が好きだとは思っていませんでした。だったら、なんで2人だけで話した時に言ってくれなかったのか……。

『俺も巨人に行きたい』。はっきりとそう言ってくれていたら、僕は『そうか。じゃあ、お互いくじびきで、恨みっこなしだ』と言えたと思うんです。桑田、何でなんだ、って」

 

32年経った今でも、清原氏にとってあのドラフトはいまだ癒えぬ“傷”だった。

当時の記憶は生々しく、その言葉からは今もその痛みに自問する時があるようだった。

「今、振り返ってみて、あのドラフトがあれでよかったのか……。正直、そう考えることもあります。でも、自分ではあれでよかったと思うようにしているんです。今回の事件もそうなんですけど……」(Number936号「告白」第6回)


【もしもアフィリエイト】ってなに?


あのドラフトについては、少なくない関係者が様々なことを語っている。

だが、桑田氏本人は、そのことについてこれまで多くを語ってこなかった。

だからこそ私たち編集部は桑田氏に聞いてみたいと思った。

清原氏が「桑田、何でなんだ」と問いかけるあのドラフトについて。清原氏にとってあの日は傷として残っているが、桑田氏は、あの日々をどう過ごし、何を感じ、何を想っていたのか――。

清原氏がドラフトについて「告白」してから、我々は桑田氏にインタビューを申し込んだ。

桑田氏は依頼を断るのではないか、正直そう思っていた。だが、桑田氏は取材を引き受け、その理由を冒頭の言葉で語ったのだ。

 

ベースボールライターの石田雄太氏がインタビュアーとなり、32年ぶりに告白された桑田氏の「ドラフトの真実」は非常に興味深いものとなった。

桑田氏の記憶もまた生々しく、細部に至るまで当時の想いが凝縮されていた。

その全容は是非Number937号でお読みいただきたいが、冒頭の一部分だけ、ここで紹介する。

 

――まず、あえてお聞きします。32年前のドラフト、桑田さんと巨人との間に“密約”と言えるものはあったんですか。

「そもそもドラフトの場合、どういう約束が密約に当たるんですか」

――それは、たとえば桑田さんが事前に巨人から1位で指名されることを知らされていて、他球団からの指名を避けるために早稲田大学へ行くと言っていた場合、それは密約に当たると思いますが……。

「よく言われましたよ。僕が早稲田を隠れ蓑にして巨人に入ったって……でも、僕が本気で早稲田に入りたいと思っていたことはPL学園の誰もが知っていたはずです。(以下略)」

 

桑田氏はこの先どう答えたのか?

なぜ桑田氏は清原氏にも「巨人が指名してきたらプロへ行く」という自らの真意を語らなかったのか?

そして、初めて明かされた真実の数々――1時間15分に及んだインタビューの最後、「これが僕のドラフトのすべてです」と言い切った桑田真澄氏。

 

すべてを語り終えた男の顔は、どこか清々しくも見えた……。

 

Number937号 読んでみましょう。

 

 

-スポーツ, 話題
-, , ,