とんねるず石橋 唯一のレギュラー番組の危機にも平然 「打ち切り上等」

 

こんなのもありました。

レギュラー番組打ち切りやむなし…そんな声に、意外にも平然としているのがとんねるずの石橋貴明(55)だという。

以前から打ち切り説が絶えなかった長寿番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が絶体絶命のピンチだが、当の石橋は決して焦っていない。その背景には…。

 

先月放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」(フジテレビ系)で、石橋扮する約30年前の人気キャラクター「保毛尾田保毛男」が登場し、出演者が「あんたホモでしょ」などと突っ込んだことに性的少数者(LGBT)の関連団体などが抗議し、同局の宮内正喜社長が陳謝したのは記憶に新しいところだ。

 

「それだけではなく、視聴率低迷や、1本5000万円といわれるバカ高い制作費などがネックになって、局内外でも来年の3月には打ち切りになるのではという話が現実味を帯びてきている。

実際、『――みなさんのおかげでした』を潰せば、ゴールデン&プライム帯で新たに2本の新番組が制作できますからね。それに、とんねるずの後ろ盾となっていた日枝久元会長が沈黙しているのも打ち切り説を後押ししている」(フジテレビ関係者)

 

とんねるずとして唯一のレギュラー番組の打ち切り説が飛び交っているというのに、意外にも余裕しゃくしゃくなのが石橋だという。

 

「以前ならばこのような話が飛び交えば、フジの上層部や制作会社の幹部に懇願したりして番組継続を訴えたりしていましたが、今はそんなことはしていない。

むしろ、打ち切りになったら仕方がないとある意味、達観した雰囲気を醸し出しているんです」(芸能プロ関係者)

 

相方の木梨憲武(55)も石橋と同じように自然体をキープしているという。

「木梨も何も慌てる様子はない。打ち切り(危機)という情報は当然、彼の耳にも入っているが、最近は慣れたもので笑い飛ばす余裕まであるんです」(同関係者)

 

かつてお笑い界を制したプライドから2人はハッタリでもかましているのかと思いきや、そうではないという。

 

「石橋はもうバラエティー番組に飽きている。今、興味を持っているのは子供番組のMC。彼は芸能界では知る人ぞ知る子供好き。NHKのEテレにマジで売り込みをかけているんです。

木梨は好きな絵を描きたい。今はただそれだけですね」(放送作家)

 

“打ち切り上等”とでも言わんばかりの石橋。

そもそも、木梨も含めて2人がここまで悠長に構えていられるのは莫大な貯金があるからだという。

 

「2人とも不動産などを含めての総資産は相当額あると言われている。以前、石橋は飲み会で笑いながら冗談か本気か『生きているうちに全部を使い切れない。どうしたらいい』とスタッフに漏らしていたほどですからね。

ここらで違うことをしてみてもいいと考えているのかもしれません」(同放送作家)

 

 

もともとがお金持ちになるための手段だったんでしょうね。

そんな芸人はもう見たくありません。

さっさと業界から消え去って下さい。

 

その点 たけし、さんま、所さん・・・すごいですね!!

 

 

 



-話題
-, , , ,