坂上MC失格 「やってることはバラエティ番組のゲスト」

 

俳優の小林旭が10月5日放送のフジテレビ系『バイキング』に出演した際、不適切発言についてアナウンサーが謝罪する場面があったが、これを見た他局のキャスター、アナウンサーからは

「司会者の坂上忍がダメ」

という声が口々に聞かれた。

 

番組ではラスベガスでの銃乱射による大量殺人事件について、小林が犯人について語る際、精神異常を示すような表現をしたが、それがテレビ放送上の「禁止用語」であったため、榎並大二郎アナウンサーが「精神障害の方に対する差別を助長する発言がございました。お詫びして取り消させていただきます」と謝罪をした。

 

小林の発言に差別の意図は感じられなかったが、その言葉は精神障害者に対する蔑称として使われる場合もあることから、誤解を招く表現として訂正された形。

ただ、小林は78歳の超ベテラン俳優・歌手でありながら、情報番組のコメンテーターはこれが初。

大物ならではの奔放な発言が目立ち、番組の終盤では出演の感想を問われ「あまり楽しくなかった」と語っていたほどだった。

 

司会の坂上が「また遊びに来ていただけますか?」と聞いても「遊び? 仕事ね。機会があれば」と終始マイペースだった。

 

そこで、これを見た他局の情報番組キャスターを務めるフリーアナウンサーに話を聞いてみると、

「私が出身の局では、放送禁止用語についてはちゃんと研修があって、ゲストがそういう発言をした場合の対応も学んだ」

と答えた。

 

「アナウンサー自身はそういう発言をしないよう訓練されていますけど、ゲストの方はそうじゃないから、言ってしまうことが想定できますよね。

でも、ほとんどの場合は悪意なく言っているので、『それは、こういう意味ですよね』と相手に真意を確認して、さりげなくフォローするんです。そうすれば、後で取ってつけたような謝罪はしないで済みます」

放送のプロには、プロのテクニックがあるというわけだが、俳優の坂上にはそこまでのスキルがなかったともいえる。

 

別のアナウンサーは、さらにハッキリこう言う。

 

「坂上さんはMCでも、ゲストをサポートできてない感じです。逆に自分が過激な発言をしてゲストにたしなめられたり、やってることはバラエティ番組のゲストみたい。

アナウンサーの場合、話を人に振って進行しているというだけではダメ出しされますよ。最近はバラエティ寄りの情報番組が増えて、やたらタレントをMCに起用するので、ゲストをフォローしきれないケースも増えていますね」

 

坂上は先日も同番組で、他局であるTBSのバラエティ番組に出ていた高野貴裕TBSアナについて、

「あのアナウンサー、なんだあれ。あの言い方が気に入らない。本当に腹立つ」

などと激高していたが、逆にアナウンサーから見ると坂上の司会には“腹立つ”部分があるようだ。

 

ネット上では、ゲストの発言について謝罪したのが、番組の顔である坂上ではなく、局のアナウンサーだったことについても批判する声が聞かれた。

 

坂上は懲りずに10月9日放送では、不倫した格闘家・才賀紀左衛門について

「職業格闘家ですよ。脳みそ日々殴り合いのことか、エッチなことしか考えていない」と発言し、

ゲストのフィフィに「その発言、問題ですよ」とたしなめられている。

 

フジテレビは年末にも放送予定 の格闘技イベント「RIZIN」を売り出している局でもあり、さっそく格闘技界からの反発が聞こえ始めている。

 

坂上の情報番組MCとしての資質には、さまざまな議論がありそうだ。

 

そろそろ幕の引き所ですね、番組に対し何の予習・訓練もなしに「自分の思った事」だけを勝手に言うだけのタレントにはMCは無理です。

 

 



-話題
-, , , ,