良太郎容疑者の異変 ゴルフ場で逆ギレ「薬の影響…かも」

 

ものまねタレント清水アキラ(63)の三男で、タレントの清水良太郎(29)が12日までに、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁目白署に逮捕された。

逮捕は11日。良太郎容疑者は容疑を認めている。

アキラはこの日夜、都内の自宅前で会見を行い、「バカ野郎」と涙ながらに叱り飛ばした。

逮捕から丸1日。その現場で父親が涙ながらに子を突き放した。

「もうバカ野郎としか言いようがない。事務所はクビにする。崖っ縁から崖に落ちた。自分ではい上がるしかない」

努めて落ち着いた口調で語った。

 

3人の息子の中で唯一同じ道を選んだ良太郎容疑者

「跡継ぎとかじゃなく、彼の才能は…。ほれてなきゃ(一緒に)できない」と惜しみつつ、将来的な芸能界復帰について「その気はありません」

と断言した。

闇カジノの出入りによる芸能活動休止から再起を期していた息子に、異変があったのは10日ほど前に訪れたゴルフ場。

マナーをとがめる父を逆に怒鳴った。

「その時、事務所を辞めるかという話になった。言われてみれば、すでに薬の影響があったのかも」と話す。

アキラはこの日、腰の手術を行った妻に病室で終日付き添ってから会見に臨んだ。

「術前にニュースを見せてはいけないと早めに行ったら、もう知っていたようで逆に気遣ってくれた」という。

「でも麻酔がさめた時、ポロポロ、ポロポロと涙を流しているのを見た時、良太郎はえらいことをしたと思った」

と声を詰まらせた。

「何かあるたびにひっぱたいたりしていた。それで逆にうそつきになっちゃったのかな」と親としての失敗を語りつつ「突き放したいけど家族ですから…」と号泣。

薬物克服のサポートは「そこはやらないといけないかも」と話した。

再起の場所としては「高校時代にバイトしたラーメン店もある」とした。

良太郎容疑者の妻には「清水家の人間だから一緒に頑張っていこう」と話し、それを妻も受け入れたという。

「清水家は最初からやり直し」

自戒を込め、強い語調で話した。

 

今年2月に良太郎容疑者が出入りしたことが問題となった闇カジノ。

捜査関係者は「覚醒剤の温床になっている」と指摘する。

覚醒剤には眠気を覚ます効能があることから、カジノ側にとっては、客に夜通しギャンブルに集中させるのに好都合で、闇カジノの多くは覚醒剤を密売しているとしている。
実情を知る人は

「長居すればするほど負けるのが闇カジノ。シャブ(覚醒剤)を使うと眠気がなくなるのと同時に、同じことを続けるのが苦じゃなくなる。シャブをキメた客はたとえ一時的に大勝ちしても、負けるまで続けてしまうことがほとんど」

と明かす。
日本では賭博が法律で禁じられており、秘密裏に運営されている非合法のカジノが「闇カジノ」「裏カジノ」などと呼ばれている。

運営側、客側ともに「違法行為をしている」という自覚を持って来ているため、「違法のシャブもあうんの呼吸で売買される」とし「ある程度、常連にならないと売ってくれない」という。
闇カジノはヤミ金融業者を入れていることが多く、負けが込んだ客にその場で借金をさせて、ギャンブルを続けさせるケースも。

 

捜査関係者は「闇カジノと覚醒剤をセットで覚えてしまうと、ギャンブル中毒とシャブ中毒が絡み合って、両方から抜け出せなくなることが多い」と話した。

 

地獄の道への連鎖ですね・・・

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,