村上茉愛「“ゴムまり娘”って呼んで」63年ぶり金でフィーバー

 

体操世界選手権(カナダ・モントリオール)の種目別床運動で日本女子としては63年ぶりの金メダルを獲得した村上茉愛(21)=日体大=が11日、凱旋帰国し、都内で会見を行った。

日本女子に誕生した待望のニューヒロインは、キャッチフレーズを自ら“ゴムまり娘”と提案。

20年東京五輪に向けて、さらなる飛躍を誓った。

 

心弾む凱旋帰国だった。

空港で多くの報道陣やファンに出迎えられた村上は「メダルを取ると、こんなに違うのかと思った。メダルの効果はすごいなと実感しました」と満面の笑み。

「63年ぶりっていうのは現地の取材で知った。快挙を成し遂げられて良かった。日本女子の強さを見せられた」

と、光輝く金メダルを胸に快挙を振り返った。

 

長く低迷が続いていた日本女子に誕生した待望のニューヒロイン。

幼なじみで大学の同期でもある男子の白井健三は“ひねり王子”と呼ばれており、自身のキャッチフレーズを聞かれると

「大学内では“ゴムまり娘”と言われている。力強いバネのある演技を目指しているし、自分で言うのもなんですけど、そう呼んでください」

と笑った。

 

ただ、これはまだ20年東京五輪に向けた第一歩に過ぎない。

五輪翌シーズンということもあり、今大会にはリオ五輪4冠のバイルス(米国)らメダリストが多く欠場。

大会中も有力選手のけがが相次いだ。

「ここで取れなかったら、もう取れないと思っていた」

 

それでも村上という名を世界にアピールした意味は大きい。

「ルールが変わって最初の世界選手権でメダルを取れた。自分の名前を知ってもらえたし、来年から有利になるかなと思った」

とうなずいた。

 

今後はエースの期待を担う。

「個人総合で見ると、平均台と段違い平行棒の器具系が弱い。“最強の村上”って言ってもらえるぐらい練習したい」

と、自覚は十分。

 

弱点を克服しながら、“ゴムまり娘”が夢舞台へ弾んでいく。

 

 



-いい話, スポーツ
-, ,