同性愛“暴露”され自殺した息子

 

同性愛者であることを暴露され自殺に追い込まれたとして、一橋大学の元大学院生の遺族が、同級生らに損害賠償を求める裁判を起こした。

裁判資料などから新たな事実が明らかになり、遺族が初めてカメラの前でその胸の内を明かした。

仏壇の前で手を合わせる女性。

2年前、息子のAさん(当時25歳)を亡くした。

Aさんの母

「裁判が終わったら納骨しようかなと。まだ踏ん切りがつかない、というところですね」

2015年8月、一橋大学のロースクールに通っていたAさんが、同級生に同性愛者であると暴露されたことを苦に自殺。

遺族は暴露した同級生らを相手取り、損害賠償を求める裁判を起こし、現在は非公開での協議が行われている。

提訴から1年。

Aさんの両親と妹が初めて自らの思いをカメラの前で語った。

Aさんの妹「困っている人に寄り添えるような弁護士になりたいと言っていたのを覚えてますね」

弁護士を目指して勉強中だったAさんは、なぜ自ら死を選んでしまったのか。

発端は、Aさんが男性の同級生に「自分は同性愛者で恋愛感情を持っている」と告白したことだった。

同級生は「思いには応えられないが、今後も友人関係を続ける」と答えたという。

しかし、その2か月後、友人9人が参加するLINEグループで同性愛者であることを暴露されたのだ。

──おれもうおまえがゲイであることを隠しておくのムリだ。ごめん(実際のLINE)

そしてAさんは、暴露された2か月後、授業中に大学の研究棟から転落し、亡くなった。

Aさんは日頃から友人たちが「同性愛者は生理的に受け付けない」と言っているのを耳にしていて、差別にさらされる不安から体調を崩していたという。

Aさんの母「息子が泣いたり体調崩したりした姿っていうのは初めてなんですね。『ちょっと同級生に裏切られた』としか言わないので」

 

遺族は、暴露した同級生に対して謝罪を求めている。

Aさんの母「(提訴は)息子の遺志を継いだだけです。(遺品には)友達からの謝罪。謝罪っていう文字だけ書いてありました」

Aさんは自殺する直前、こんなメッセージを送ったという。

Aさんの母

「『この(暴露した)同級生が法曹界で活躍するのであれば、自分が目指していた世界はここにない。だからもう終わりにします。みなさん、ありがとうございました』とクラス全員に送ったようです。それが最後の言葉になりました」

遺族側の弁護士によると、同級生は、暴露した理由について、

「告白を受けて困惑し、暴露するしかAさんからの接触を完全に避ける方法がなかった」

と主張したという。

自身もLGBTの当事者で、支援団体で活動している「NPO共生ネット」代表の原ミナ汰さんは、告白を受けた場合の対応について、当事者と関係のない場所に相談することが大切だと話す。

原ミナ汰さん

「(告白された人は)たとえ受け入れたとしても、それがウソになる時もある。だからその欺瞞(ぎまん)、苦しさをどこかに吐き出さなきゃいけない。ちょっと場を変えて話をしてみると、実は聞いてくれる人はたくさんいるわけですね」

電話相談窓口「よりそいホットライン」など、告白を受けた側の相談にも乗る窓口があり、多くの相談が寄せられているという。

自殺したAさんの遺族は、裁判を通じて、社会に訴えたいことがあるという。

Aさんの父

「LGBTの人が住みやすい世の中、その足がかりになる。今回の息子の訴訟というのは、一石を投じたとは思っています」

 

 

どうなんでしょうか?

これが男女間の恋愛事情でふられたから自殺したでは損害賠償は発生しませんよね。

今回の件はLGBTを暴露され、その事でクラス全員に嫌われてしまった事で悲観しての自殺です。

 

彼の最後の言葉

『この(暴露した)同級生が法曹界で活躍するのであれば、自分が目指していた世界はここにない。だからもう終わりにします。みなさん、ありがとうございました』

は早すぎませんか?

 

結果としてカミングアウトできたのですから、堂々と生きていけなかったんでしょうか?

一生LGBTを隠し通して生きてはいけないのですから、LGBTを差別するクラス仲間達から解かってもらえるよう話し合いができればよかったですね。

 

他にもいろんな事情があったんだろうとは思いますが、自らをLGBTを告白しその立場に立った弁護が出来る「弁護士」になっていただきたかったですね・・・

非常に残念です。

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,