川崎通り魔 「出所したらまたやる・・」

 

川崎市宮前区で2006年9月、帰宅途中の黒沼由理さん(当時27歳)が刺殺された通り魔事件で、神奈川県警は10日、別の通り魔事件で服役中の鈴木洋一受刑者(37)(殺人未遂罪で懲役10年)を殺人容疑で逮捕したと発表した。

県警の任意の事情聴取で、女性への殺害衝動を動機に挙げ、

「刑務所を出所したらまたやってしまうと思った」

と自白に至った心情も明かした。

 

発表によると、鈴木容疑者は06年9月23日午前0時頃、川崎市宮前区梶ヶ谷のJR梶ヶ谷貨物ターミナル駅下の市道トンネルの歩道で、歩いて帰宅中の黒沼さんの右胸と腹を包丁で刺し、殺害した疑い。

県警は逮捕後の認否を明らかにしていない。

 

鈴木容疑者は07年4月、別の女性に対する殺人未遂容疑で逮捕、起訴され、09年8月に懲役10年の実刑が確定。

来年1月で刑期満了だった。

捜査関係者によると、昨年1月、収容中の黒羽刑務所(栃木県大田原市)から県警宛てに

「脳梗塞こうそくを患って精神的に弱くなった。話したいことがある」

とはがきを送り、

「女の人から虐待を受けた経験があり、女の人を刺したい衝動があった」

などと殺害を認めた。

 

「切り裂きジャック事件にあこがれていた」

などと話したということだが、その後、事件への関与を否定するなど供述を二転三転させたという。

しかし、黒沼さんの遺体の傷の状況と鈴木容疑者の説明が一致したことなどから、容疑が固まったとして、逮捕に踏み切った。

 

神奈川県警は今後、鈴木容疑者の身柄を特別捜査本部のある宮前警察署に移し、本格的な取り調べを行う方針。

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,