保毛尾田保毛男 の件 「被害者面をする」ことは悪いことか?

 

認定NPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹さんが、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんの

「保毛尾田保毛男の件」に対してのコメントに異議を申し立てています。

 

最近フジテレビが30周年を期して、30年前に流行った保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)を復活させ、それに対しLGBTコミュニティが抗議声明を発したことで炎上が起き、社長謝罪まで追い込まれたことは記憶に新しいかと思います。

 

近年、LGBTという言葉を目にする機会が増えました。

レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの略です。

多くの人にとってこの中で一番聞き慣れない単語…それはおそらくトランスジェンダーではありませんか?

 

トランスジェンダーと性同一性障害との違い

トランスジェンダーと性同一性障害の違いは、簡単に言うと、心と身体の性別を一致させたいと願っているかどうか、ということになります。

一方トランスジェンダーでも、自分の身体の手術を望まない人もいるのです。

そのため、トランスジェンダーと言う言葉は性同一性障害という言葉よりもより広義に使われています。

ただし日本では、性別適合手術を受けたり戸籍の変更をするためには、性同一性障害と医師から診断を受けることが条件となっています。

そのため、トランスジェンダーを性同一性障害ということが多いかもしれません。

これら性に関する概念は時代とともに、また国によっても様々に異なっており、それと同じように使用される言葉も変化が著しいです。

現在では広くトランスジェンダーと言う言葉が広義に使われています。

 

トランスジェンダー杉山文野さんのブログ

「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」の番組内コーナーで、石橋貴明氏が「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」というキャラクターで登場、他の出演者とともに、「ホモ」という単語を繰り返し、番組全体として男性同性愛者を嘲笑の対象とする表現がされた。

その番組をみて、笑う人の気持は僕にもわかる気がする。

僕らがどんな気持であったか、理解しようと努力をしてもらうことを願うことは許されるだろうか。

昔、家のコタツで両親と一緒にテレビを見ていて「保毛尾田保毛男」が登場して

「いやぁねぇ、こうゆう人」

と言うひと言を聞いた時、僕はその場に普通の顔をして居続けることができなかった。

胸が潰れるほど苦しくなった。

 

そして、次の日、学校でみんながそのホモキャラをマネし「キモい!キモい!」とふざけ合っているのを見て、いじめられたらどうしよう、居場所がなくなっちゃったらどうしようと想像して、学校に行くのが怖くなった。

でも、休んだら休んだで、その原因を追求されてバレるのも怖い。学校へ行き、むしろ一緒になってマネをしてみんなの笑いをとっていた。

僕は「人権を意識してエンタメを作るべきだ」と主張するつもりはない。

しかし、「悪気のない」笑いの裏でどれだけ多くの人が傷つき、時には自殺にまで追い込まれているという現実を知ってほしい。

 

このブログに対し、ウーマンラッシュアワー村本大輔さんのコメント

これに対して

すると

彼によると保毛尾田保毛男は「ゲイを笑っているのではなく、石橋貴明を笑っていて」「バカが偽善者面して当事者を語る」ことをしているそうです。

 

こうした一連の村本さんの意見に、改めて異議を唱えたいと思います。

 

理由は2つです。

1つは、村本さんが34万人のTwitterフォロワーを持ち、テレビ等にも出られていて、社会的影響力が大変大きな方だからです。

2つ目に、まさに村本さんに代表されるスタンスこそが、社会的な抑圧を生み出して来た典型であり、多くの社会運動が闘ってきたものだからです。

 

 

「被害者面をする」ことは悪いことか

まず、村本さんはLGBTである杉山氏に

「お前だけが被害者面をするな。おれも学歴や職業や考えで差別されてると思うことは沢山ある」

と言います。

 

差別を受けている人は他にもいるから、差別を受けても自分だけを特殊化してはいけない、という論理です。

 

おかしいですよね?

 

「差別されて痛い」ということは、誰しも言って良いはずで、他に差別されている人がいるということとは無関係です。

 

そして自分が痛いからと言って、今現に痛がっている人に対し、

「俺も痛いんだから、お前も我慢しろよ」

というのは、抑圧以外の何物でもありません。

 

村本氏の論理を使えば、ほぼ全ての社会的な不公正、例えば女性差別や人種差別、障害者差別などに対し、

「俺も差別されて痛いんだから、お前だけが特権的に差別されて痛いなんていうなよ」

と抑圧できてしまいます。

 

お前が痛かろうが何だろうが、「俺は」痛いんだよ、と当事者は語る権利があるのです。

 

そして村本氏は「あれはみんなゲイを笑ってるんじゃなくて、石橋貴明って人を笑ってる」と言いました。

 

本当でしょうか?

 

保毛尾田保毛男を嗤うということは、彼がカリカチュアしている「ホモ」キャラの、「気持ち悪さ」「滑稽さ」を笑っているのは自明です。

また、万に一つ、保毛尾田保毛男を石橋貴明として、純粋に保毛尾田と切り離して、石橋貴明さんのみに笑いを求める読み込み方をする視聴者がいたとしましょう。

そうだったとしても、保毛尾田によって傷ついている当事者が一定数以上多くいるのだったら、一部の「切り離して笑える」人がいたとしてもなお、表現の仕方としては考え直すべきなのではないでしょうか。

 

非当事者は当事者を語れないのか

また、村本氏は「バカが偽善者面して当事者を語るな」ということですが、これは社会運動でよくある「非当事者は当事者を語れないのか」問題とほぼ同じなので、ここで改めて触れておきたいと思います。

 

例えば人種差別を受けている黒人に対し、非当事者である白人が「人種差別はよくないよ」と声をあげた時に、村本さんが僕に対し行なったように「偽善者面して当事者を語るな」ということは可能ですが、それは正しいでしょうか?

 

もし非当事者が声をあげることを「当事者でもないのに語るな」と抑圧してしまったら、異議申し立ての声はマイノリティの中だけにとどまり、差別の構造そのものは温存されてしまいます。

差別や社会的な不公正は多くの場合、マジョリティ側に内在しており、マイノリティの異議申し立てが、マジョリティ側に届かなければ変わっていかないものです。

 

よって、「当事者でもないの語るな」というのは、「不公正な構造に変化をもたらすな」と同義であり、こうした発言は変革を阻む抑圧的な言説であると言えるでしょう。

「保毛尾田保毛男に傷ついた」という当事者の声を

「被害者面」

「差別されているのはLGBTだけでない」

と言う言説は、単なる抑圧だし、

「(非当事者が)善人面して当事者を語るな」

というのも、変革を阻む抑圧です。

 

残念ながらウーマンラッシュアワーの村本氏は、無意識のうちにマジョリティによる抑圧に手を貸し、おそらくそれに全く気づいていません。

「みんなが言わないような深いこと言ってる俺、すごい」

という意識なのだとしたら、とても残念です。

 

 

一連の“炎上”をうけ、村本は10日にこう謝罪しています。

《考えは変わらないけど、バカって言葉は訂正と反省。不快な思いさせた人、申し訳ない》

 

 



-いい話
-, , , , ,