真凜、望結の妹・本田紗来、自己ベストで2連覇

 

「フィギュアスケート・近畿選手権」(9日、尼崎スポーツの森)

女子フリーが行われ、SP首位の昨季世界ジュニア選手権銅メダリスト、坂本花織(17)=シスメックス=がフリー132・31点、合計201・15点で初優勝した。

 

ノービスB女子では本田真凜、望結の妹で子役としても活躍する紗来(さら、10)=京都醍醐ク=が79・27点と自己ベストを更新して2連覇。

男子フリーはSP2位の友野一希(19)=同大=が4回転からのコンビネーションを成功させるなど146・96点でフリー1位、合計210・06点で優勝した。

ダブルアクセル(2回転半)-3回転トーループの高度なコンビネーションを成功させた本田は「こけてばかりだったので初めて決まってうれしかった」と笑顔満開。

試合直前には姉の真凜から「紗来ならいけるよ」とメッセージが届き勇気づけられた。

次の目標は昨年4位の全日本ノービス選手権(10月20日~22日・滋賀)。



 

真凜が12年の同大会を制した時に出した90・41点を視野に

「優勝してお姉ちゃんの点数を抜きたい」

と語った。

 

やっぱり「かわいい」って得ですよね、ついつい応援したくなります。

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-いい話, スポーツ
-, , , ,