麻生太郎氏が立憲民主党に言及 「名前変わるかもしれないから覚えてない」?

 

麻生太郎という人、お金持ちのお坊ちゃんで元首相・・・

上から目線の高飛車発言には閉口してしまいます。

 

新潟県聖籠町の蓮潟公会堂で行われた衆院新潟3区の自民党候補、斎藤洋明氏(40)の集会で歯にきぬ着せぬ「麻生節」を炸裂(さくれつ)させ、集まった約100人の聴衆を沸かせたという。

 

麻生氏は、かつての民主党(現・民進党)について

「手段のはずの政権交代が目的だったので(政権を)取った後に何をしていいか分からず、結果的に極めて悲惨な結果になった。違いますか」と揶揄(やゆ)。

「私どもは、こうしたことは絶対に避けるべきだと思っている」

と参加者に語りかけ、政権交代を錦の御旗に掲げる野党勢を皮肉った。

 

確かに野党勢の人材不足は否めませんが政権交代を国民が望んでいるという事実は自民党が情けないからなんですよ。

 

また、これまでの自民党の政権運営については

「経済の実績はだれにも負けないと思っている。それは政治が安定したからだ」

と安倍晋三首相の安定政権が経済面でも寄与したと自負。

「(第2次安倍政権の発足までは)6年で首相が毎年替わっていた。みなさんの会社だって、社長の名前が6年で毎年変わったら『あの会社はおかしいんじゃねえか』と思われる」

と冗談めかして語り、笑いを誘った。

 

アメリカ大統領は2期8年で満了です。

6年で変革していくことでよろしいのでは?

一般の会社と一緒にしないで下さい、確かに一般企業で社長の任期6年は短すぎますが・・・

 

 

さらに、朝鮮労働党の金正恩委員長を意識して「北朝鮮には危なそうな人がいる」と表現。

「私が10歳だった昭和25年に朝鮮事変(朝鮮戦争)が起きたが『朝鮮で戦争がおきる』と言った新聞はゼロだった。

あのとき戦争が起きるなんて書いた新聞はありませんよ!」と、詰め掛けた記者団に言葉を投げかけるシーンもあった。

 

そんな昔の話を持ち出してもね、今や北は核兵器というとんでもない武器を持っているのですから報道するのは当たり前の事です。

 

また、新党「立憲民主党」に言及した際、

「立憲改進党の…」と言いかけて明治15~29年に存在した政党の名前を挙げた上で、直後に

「あんまり名前を覚えていない。また(名前が)変わるかもしれないから、覚えないようにしている」

と苦笑しながら弁解。

 

全く失礼きまわりない発言ですね。

自民党の名称が変わったら笑っちゃいます。

 

以上のような麻生太郎氏の発言・「立て板に水」の麻生節に、参加者らは満足そうだったそうです。

 

どうも自民党の方々は今回の麻生さんの発言、安倍首相の「あんな人たち」発言・・・

国民全員から支持を得ていると勘違いしていませんか?

 

ヤジから隠れて応援演説する「党首」など聴いた事がありません。

やましい事がなかったら公の場で「あんな人たち」を論破して下さい。

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,