「保毛男」騒動が打撃 とんねるず“夫婦セット出演”解禁か?

 

先月末に放送されたフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」の30周年特番の“後遺症”が尾を引いている。

石橋貴明(55)が扮したキャラクター「保毛尾田保毛男」が男性の同性愛者を揶揄するキャラクターであるため批判が殺到。

放送の翌日に定例会見を行った同局の宮内正喜社長(73)が謝罪に追い込まれる事態に至ったが、それで一件落着とはいかないようだ。

「以前から打ち切り説が出ているが、節目を達成したことでカウントダウンが始まっていた。

そこにLGBT差別問題です。前会長の日枝氏ととんねるずの蜜月関係は有名でしたが、今回の問題で逆に打ち切りの口実ができてしまった。年内いっぱいでの打ち切りもある」(フジテレビ関係者)

 

とんねるずのレギュラー番組は同番組1本のみ。後は年に1回、テレビ朝日系で「夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル」が放送されるが、他にはCMもなく、ソロ活動もニーズがあるわけではない。

 

石橋も木梨憲武(55)もこれまで十分に稼いで蔵の一つや二つは建てたはず。

しかし、50代半ばで芸能界をリタイアするわけにもいかず。

もしフジのレギュラーが打ち切りとなった場合は自宅で“主夫”状態だろう。

そんな中、注目されているのが石橋の妻の鈴木保奈美(51)と木梨の妻の安田成美(50)だという。

「鈴木も安田も全盛期は主役級。子育ても落ち着いて現在は脇役として女優業を再開しています。

夫が揃って開店休業状態になれば、これまで両家が封印していた夫婦セット出演が解禁になるかもしれません」(別のテレビ関係者)

鈴木と安田、もしくは4人揃ってのテレビ出演となればひとしきり話題になりそうだが、それとて……。

 

いつまでも人を小馬鹿にしたギャグばっかりじゃ・・・

自分の芸をもっと磨いて下さい。

 

 

 



-話題
-, , , , ,