中田翔が評価されない理由 成績不振とグラウンド外でも

日本ハムの4番・中田翔(28)が最近、ふさぎ込んでいるという。

 

5日現在、打率.215、16本塁打、67打点。

3年続いた100打点、5年続いた20本塁打が、今年で途切れるのは間違いない。

「今季中に国内FAを取得したものの、成績が成績ですからね。現時点で中田獲得に乗り出している球団は、おそらくないのでしょう」

と、在阪マスコミ関係者がこう言った。

 

「阪神は金本監督が生え抜きの若手育成に舵を切っているし、オリックスも獲得には消極的。

ロメロ(28)、マレーロ(29)の両外国人と契約を延長しているうえ、今年で3年契約が切れる小谷野(36)と中島(35)も残留が内定。

中田が入ったとしても、一、三塁と外野はふさがっていてどうやらポジションがないらしい。中田は日本ハムの首脳陣やフロントの評価が低いことは承知している。

だからこそ今季はそれなりの成績を残してFA移籍しようと考えていたようですが、成績が成績だし、移籍先の候補だった阪神やオリックスも乗り気ではないことが分かってきた。それで本人はふさぎ込んでいるのですよ」

 

■残留なら年俸大幅減

なにしろ年俸は2億8000万円。今季の成績がサッパリの高給取りだけに、阪神やオリックス以外にこれから獲得に乗り出そうという球団が現れる可能性はいよいよ低い。

となると、FA宣言せずに日本ハムに残留するしかないが、

「だとすれば、給料の大幅ダウンだけでは済まないでしょうね」

と、日本ハムのOBがこう続ける。

 

「日本ハムが中田を評価していないのは、グラウンド上での費用対効果が悪いということだけではない。打てないだけならまだしも、夜な夜な若手を連れ回し、スポイルしてしまう。チームに悪影響を及ぼすことが最大の問題なのです。

なのでFAせずに残留、年俸を大幅に下げて契約した後にトレードで放出する可能性もあります。年俸が下がれば、引き取り手も出てくるかもしれませんからね」

 

自業自得といえばそれまでだが、中田の去就に注目だ。

 

通算成績

年度 試合数 安打 本塁打 打点 三振 打率
2009 22 10 0 1 15 0.278
2010 65 49 9 22 61 0.233
2011 143 125 18 91 133 0.237
2012 144 131 24 77 101 0.239
2013 108 124 28 73 77 0.305
2014 144 143 27 100 89 0.269
2015 143 142 30 102 120 0.263
2016 141 142 25 110 126 0.250
2017 128 101 16 67 103 0.215
通算 1038 967 177 643 825 0.252

 

この数字で年俸は2億8000万円は高すぎませんか?

若い時から過大評価され過ぎてましたね・・・

 

 

 



-スポーツ, 話題
-, , , , ,