ジャッキー・チェン娘が同性愛告白

2017年10月6日、同性愛者であることを明かした17歳の娘について、母親で女優エレイン・ン(呉綺莉)が中国版ツイッターでメッセージを公開。

ネットユーザーの間からは母親への同情の声が多く上がっている。

 

明報が伝えた。

 

エレイン・ンの17歳の娘エッタ・ン(呉卓林)さんは1999年、アクションスターのジャッキー・チェン(成龍)との間に生まれた。

ずっと母子2人で生活してきたが、2年前の3月にエッタさんが家出騒動を起こし、さらに今年春にも再び家出する騒ぎに。

現在はカナダ国籍の30歳の友人と同居中だと報じられているが、その女性が5日にインスタグラムを通じてエッタさんへの愛を語り、続いてエッタさんが同性愛者であることを告白。

 

香港社会を再び騒がせている。

母親のエレイン・ンは6日、中国版ツイッターに英文で「たとえどうであれ、永遠に愛している」と、エッタさんに向けたと思われる短いメッセージを公開。

さらに同日、香港メディアの取材に対し、エッタさんは告白のことを前もって母親に知らせておらず、友人からの連絡で知ったことを明かした。

「相手のカナダ人女性に会う予定はないのか」との質問には、「すぐ結婚するというような話でもないので、ゆっくりやりたい」と語っている。

このニュースにネットユーザーの間からは、エレイン・ンへの同情する声が大きい。

 

「必死に育ててきたのに、こんな仕打ちを受けるなんて」

「シングルマザーはただでさえつらい。あまりにかわいそうだ」

「手放すのも1つの愛とは言うけれど、まだ17歳の子供だ」

「反抗期真っ盛り。もう少し年を重ねて、エッタさん自身が気づくのを待つしかない」

といったコメントが寄せられている。

 

 

〇ジャッキー・チェンの女性関係

 

かつてジャッキー・チェンは若い頃、歌手テレサ・テンと恋愛をしていた。

しかし、価値観の違いや仕事の忙しさなどが原因で2人は別れることになる。

その後、ジャッキーは台湾女優の林鳳嬌(ジョアン・リン)と結婚。

 

テレサは1995年に気管支喘息の発作のため亡くなった。

テレサの死後も、ジャッキーの彼女に対する思いと悲しみは消えることなく、ジャッキーの第2弾レコードには、テレサとのデュエット曲を収録した。

 

自伝『愛してポーポー』では、一時期ギャンブル中毒で身を持ち崩し、婚姻を解消したことを告白している。

1999年に香港女優の呉綺莉(エレイン・ン)との間に娘の呉卓林(エッタ・ン)が生まれており、

この騒動の時「世界中の男性が誰でも犯す過ちを犯してしまった」と語ったことが話題になった。

 

 



-話題
-, , , ,