上原多香子 泥沼不倫劇で仕事ゼロでも飲み会で見せた「まるで妻」ぶり

 

「酔っ払った様子で、コウさんじゃない男性に抱きついていたので、ちょっと驚きました(笑)。

上原さんは『私にできることないかな』『何か手伝いたい』と繰り返していました」(居合わせた客)

 

9月下旬、都内の居酒屋。劇団「BuzzFestTheater」の公演後の打ち上げで、長身の男性を横に仲間たちと飲み交わす美女を発見!

 

元SPEEDの上原多香子(34)だ。

 

じつはこの舞台公演に上原は出演していない。

それでも打ち上げにいるのは、隣に座る男が劇団の主宰者である上原の恋人・コウカズヤ(40)だからだ。

二人の出会いは2016年。

上原がコウの舞台を観に行った際に、意気投合した。

それがきっかけで、2017年4月に上原がコウの演出する舞台の主演に抜擢されて急接近。5月には熱愛を報じられた。

 

深夜1時まで続いた飲み会の後、2人はタクシーに乗った。

10分ほど走り、寄り添って満足そうな笑顔を浮かべ、 同じマンションへ。

さらに翌日、千秋楽を迎えた劇団の打ち上げの場には、またしても上原の姿があった。

 

連日コウに同伴してまるで妻のような顔を見せる上原。

 

彼女を癒やせるのは、新恋人だけのようだ。

 

欲情に任せた不倫の果てに元夫・TENNさん(享年35)の自殺を招いたとされるSPEEDメンバーの上原多香子(34)。

騒動の影響は甚大で、新規の仕事のオファーが皆無になってしまった。

 

しかしながら上原は月給制なので、仕事がなくても一定の給与が支払われ、生活の余裕が垣間見える。

当面は世間の目を忍ばざるを得ないようだが、ちゃっかりと時間に余裕のある自由な生活を楽しんでいる。

 

「私にできることないかな」という気の優しいセリフを、生前のTENNさんに投げかけてやれなかったものでしょうか・・・

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,