福原愛と吉田沙保里の会話が「異次元すぎる」件

 

卓球女子の福原愛とレスリング女子の吉田沙保里のツイッター上で行われた五輪メダルを巡るやりとりが「異次元すぎる」とファンの間で話題を呼び、「凡人にはついていけない」と騒然となっている。

 

五輪の舞台で躍動してきた2つの競技のレジェンドがツイッター上で異次元のやりとりをしている。

 

発端は29日の福原の投稿だった。

 

現在妊娠中の福原は新しく購入したミシンでポーチを作成。

「今日は3つ作りました」と実際に作ったドラえもん、キティちゃん柄などの完成度の高い実物を画像で掲載した。

これに反応したのが吉田だった。

「愛ちゃん!凄ーい 上手!」と返信すると、福原は「もう少し上達したらプレゼントしたいので受け取ってください」と応答。

 

そして、吉田は福原もビックリのお願いをした。

「本当に? メダル入れを是非作っていただきたい 贅沢言ったら、中が4つに仕切られてるやつがいいな」と返信。

 

なんとオリンピックで4つのメダルを獲得しているレジェンドのメダル入れを作ってほしいと頼んだのだ。

 

これには、福原も「メダル入れ!??????????」と驚いていたが、やりとりの末に「気に入っていただけるようにがんばりますっ!!」と意欲を見せていた。

そして、翌日に早速、作成に取り掛かり始めた福原は再び投稿。

これが、大きな話題を呼ぶことになった。

 

福原がまさかの嘆き「うちに2つしかない…」「アテネと北京のサイズがわからない」

「まずは私のでサイズ確認! と思ったけどうちに2つしかない…」と記し、画像を掲載した。

「私の」とは、五輪メダルのこと。

実際にロンドン五輪の銀メダルとリオ五輪の銅メダルをキティちゃん柄の布に当てて、サイズを確認している。

そんな歴史的な価値があるメダルを「うちに2つしかない」と事もなげに記し、吉田に対しては「アテネと北京のサイズがわからない 沙保里さんは本当にすごいなあ。。。」とポツリ。

アテネと北京の金メダルを含む金3つと銀1つを持つレスリング界のレジェンドに対し、語っていた。

 

本人たちにとってはもちろん、ほのぼのとした普通の会話なのだろうが、五輪メダリスト、しかも複数保有しているからこそ成り立つ会話は、一般人からすればあり得ないこと。

インターネット上で大反響を呼んでおり、「異次元すぎる」「神たちの会話」「凡人にはついていけない」などと驚嘆の声が上がっている。

 

2日には福原が製作過程のメダル入れを公開。

「沙保里さん、もう少々お待ちください」と記している。

 

果たして、どんな形で完成するのか。

ファンも温かい目で見守っている。

 

 



-いい話, スポーツ
-, ,