裸の写真ネタに「奴隷誓約書」で支配 日系ペルー人 マツダ

 

元交際相手の20代の日本人女性を脅迫し売春をさせたとして、警視庁は9月、売春防止法違反(脅迫売春)の疑いで、日系ペルー人の無職、マツダ・クラビホ・ルイス・ダビー・アキラ容疑者(28)を逮捕した。

 

マツダ容疑者は被害者の女性に無理やり借金を作らせたり、服従を誓う「奴隷誓約書」を用意したりするなど、卑劣な手口で女性を追い詰めていった。

女性の運命を狂わせたのは、恋心で生まれた隙を突いてマツダ容疑者が撮影した複数の裸の写真だった。

 

きっかけは合コン

女性とマツダ容疑者が出会うきっかけになったのは、昨年10月ごろに参加した「合コン」だった。

そこで知り合った男性に、マツダ容疑者を紹介された女性は、同年12月ごろから交際を開始。

捜査関係者によると「交際を始めた当初、マツダ容疑者は女性に対してとても優しい態度を取っていたようだ」という。

 

その年の12月24日、恋人たちの最大のイベントの一つともいえるクリスマスイブの日も女性はマツダ容疑者と過ごした。

マツダ容疑者は女性に裸の写真を携帯電話で撮ることを持ち掛けた。

女性は拒否したが、「マツダ容疑者に嫌われたくない」という気持ちもあり、最終的には許してしまった。

 

女性の恋心はすぐに裏切られた。

マツダ容疑者はその翌日、女性の裸の写真を無断で会員制交流サイト(SNS)に公開。写真には「普通の女子大生です。支援は最低1人3千円です」などと女性が売春を希望していることをほのめかすような書き込みが添えられていた。

女性は「やめてほしい」と頼んだが、マツダ容疑者は聞き入れないどころか写真をネタに女性を脅し、女性宅で売春をさせたという。

 

借金、奴隷誓約書…

マツダ容疑者の行動はその後もエスカレートしていく。

「自分につまらない時間を過ごさせた迷惑料」などとして、女性に約17万円の借金を無理矢理作らせたり、女性の名前を記した「奴隷誓約書」を用意したりして、女性へのコントロールを強めていった。

マツダ容疑者はSNSなどで日常的に〈あんま調子乗んなよ ごみ かす〉〈お前のやっていることを親や会社にばらす〉と女性を脅し続けた。

恐怖を抑えきれなくなった女性は今年8月、ついに警察署へ相談に訪れた。

女性は警察に保護され、ようやくマツダ容疑者の支配から脱することができた。

 

そうとは知らないマツダ容疑者は〈お前の職場も見つけて親のところも見つけて両方に取り立てにいくから〉などと脅迫メッセージを送り続け、女性の自宅の郵便受けに借金返済を要求する手紙を入れるといった行為を繰り返した。

女性の自宅の扉には、マツダ容疑者が女性の恐怖心をあおるために蹴り上げたのだろうか、マツダ容疑者のものとみられる靴底の跡がくっきりと残っていた。

 

写真撮影は要注意

こうした行動も証拠となり、マツダ容疑者はついに9月21日に逮捕された。

しかし「売春によるカネは一切もらっていない」などと容疑を否認しているという。

 

捜査関係者は、こうした交際相手とのトラブルについて、「誰にでも起こりうること」と注意を呼びかける。

「裸の写真を撮らせるということは、その写真がインターネット上などでいつでも悪用される可能性があるということだ」

 

スマートフォンを持つことが当たり前になり、インターネットを通してさまざまなものが手に入るようになった現代。

 

便利さだけでなく、危険な欲望もすぐ隣に迫っていることを忘れてはいけない。

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, , , ,