米NO1遊撃手シモンズが悪送球がまさかの「6-wall-3」

 

米NO1遊撃手シモンズが悪送球→フェンス直撃→一塁手に戻って走者アウトの“自作自演”米大リーグでゴロをさばいた遊撃手が一塁へ悪送球したが、ファウルゾーンのフェンスに跳ね返って一塁手のもとに戻り、飛び出していた走者をアウトにする珍事が発生。

“自作自演”のプレーをMLBツイッターが動画付きで紹介し、ファンは目を疑っている。

一瞬にして天国と地獄が入れ替わった。

トラップともいうべき“魔送球”を投げ込んだのはエンゼルスの遊撃手アンドレルトン・シモンズ内野手だ。

 

1日(日本時間2日)のマリナーズ戦。4回先頭の守備だった。

 

打者ギャメルが放った打球は三遊間に飛んだ。

これを処理したのが遊撃手シモンズだ。

やや詰まった当たりに対し、深めの位置から前進。捕球して一塁送球したが、手前でワンバウンド。

タイミングは間一髪アウトだったが、一塁手も触ることができず、後ろに逸らした。

 

打者は生き、ともすれば二塁進塁も許しかねない状況。

しかし、次の瞬間、まさかの事態が起こる。ボールは一塁ファウルゾーンのフェンスに直撃。

しかも、当たり所が良かったのか、「ドン」という大きな音を残してボールはコロコロと一塁手のもとに転がって戻ってきたのだ。

 



オーバーランした打者走者ギャメルは後ろに逸らしたのを見て、二塁進塁を伺おうかとフェアゾーンに足を踏み入れた。

しかし、視線の先ではボールが一塁手のもとへ

。5メートルほど走り抜けていたギャメルは到底戻り切ることはできず、一塁手にタッチされて悠々アウトに。一転、悲劇になってしまった。

球場はエンゼルスの本拠地。

メジャーNO1遊撃手ともいわれる名手は、ファウルゾーンの狭さを計算していたのか、結果的に頭脳的な“自作自演”となったシモンズの送球から生まれた珍プレーをMLB公式ツイッターは動画付きで紹介し、反響を呼んでいた。

 

球場のファンから称賛の拍手とともに笑い声も聞かれた。

結果的に先頭打者を出さずに済んだエンゼルスは、そのまま膠着状態に持ち込み、7回に一挙6得点と爆発6-2で快勝した。

 

シモンズが投じた“魔送球”と、それをフォローしたファウルゾーンの狭さとフェンスも白星の要因の一つになったかもしれない。

 

MLB屈指の強肩シモンズならではですね。

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-いい話, スポーツ
-, , , ,