大阪桐蔭「4番・投手」根尾が6回無失点10K&2打点

 

「高校野球秋季大阪大会4回戦・大阪桐蔭10-0大手前」

(30日、シティ信金スタジアム)

大阪桐蔭が大手前を六回コールドで下し、5回戦へ進出した。

四回に5番・山田健太内野手(2年)の中前打などで3点を先制した。

五回は「4番・投手」で先発した根尾昂投手(2年)の2点二塁打などで3点を追加。

六回は主将の中川卓也内野手(2年)が、公式戦初の満塁ホームランを放って、コールド勝ちを決めた。
3試合連続4番に入った根尾は、打者として1安打2打点。

投手としては、新チームでの公式戦初先発で6回無失点。10三振を奪った。

「(エースの)柿木が投げている姿を見て、刺激を受けていたので、負けられないと思って投げました」


【もしもアフィリエイト】ってなに?


と納得の表情を見せた。
大阪桐蔭の「4番・投手」と言えば、中田翔(日本ハム)が連想されるが、

「僕はまだまだな存在。ただ、大切なところを任せてもらっている責任感はあります」

とチームの中心選手としての自覚を口にした。

 

新星大阪桐蔭のスタートは快調のようですね。

来年、選抜・夏と楽しみにしていますよ。

 

 

-いい話, スポーツ
-, , , , ,