稲田朋美 地元のオジサマから未だ人気 「パンツ姿もいいねェ」

 

衆議院選挙を10月22日に控え、「福井のおっかさんとして頑張ってまいります」と、訴えながら殊勝な態度で地元を回っていたというのが福井1区の稲田朋美氏(58才)。

 

「挨拶の時もウルウルと涙目で、声も細くて。やつれきった様子だし、“大丈夫なのかしら?”と心配になります」(地元の女性支持者)

 

森友問題で矢面に立たされ、PKO日報問題で防衛大臣も辞任しているだけに、さぞ冷たい風が吹いているに違いないと思ったら、そうでもない。

 

「地元県議や市議、後援会幹部のオジサマたちを中心に、“トモチンがかわいそうや”“守ってやらにゃあ”と、むしろ応援に熱が入っている。

さすがに網タイツは封印、パンツルックですが、黒縁メガネは相変わらず。オジサマたちは“パンツ姿もいいねェ”としきりですが、女性陣は…」

と前出・女性支持者はあきれ顔。

 

でも、おかげで当選はほぼ確実な勢いだとか。



 

「もともと福井は自民王国だし、辞任したとはいえ、地元から出た大臣ですからね。有力な対抗馬もいないし、誰も落選の心配なんてしてませんよ」(後援会関係者)

 

地元支援者の間では「豊田(真由子)サンよりはマシ」が合言葉になっているという。

当選したら、網タイツ復活?

 

稲田さんにとっては「豊田真由子」は救いの神でしたね。

 

 

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, , , ,