田中将大、球団史上初&米史上4人目1シーズン2度目14K以上

 

ヤンキース田中将大投手が29日(日本時間30日)、本拠地でのブルージェイズ戦に先発し、メジャー自己最多記録を塗り替える15奪三振で圧巻の13勝目(12敗)を挙げた。

7回を投げて3安打15K無四球で無失点。

15奪三振はナショナルズのストラスバーグに並ぶ今季メジャー最多タイ、さらに2013年8月12日アストロズ戦でダルビッシュ有(当時レンジャーズ)の記録にも並んだ。

 

立ち上がりからキレのあるスプリットとスライダーで攻めた。

初回に3者連続空振り三振に仕留めると、5回2死からカレラに初球を二塁内野安打とされるまで、打者14人を連続凡退。

カレラに二盗を許すも、直後に牽制でアウトに仕留めた。

6回も1死からゴーインズに中前打されたが、3つのアウトは全て三振。

7回は先頭ドナルドソンに左翼へ二塁打を許すも、2死からソーンダースをスプリットで空振りに斬り、この日15個目となる奪三振を記録した。

15奪三振のうち、実に14個が空振り三振だった。

 

7回を投げ終えて103球68ストライク。

8回のマウンドから中継ぎ陣に託した。

 

記録づくしの15奪三振となった。

今季7月28日レイズ戦でマークした自己最多記録(14奪三振)を更新。今季メジャーではストラスバーグ(5月27日パドレス戦)と並ぶ最多タイで、メジャー日本人投手ではダルビッシュに並ぶ最多タイ記録となった。

 

名門ヤンキースの歴史を紐解いても、わずか7人目の1試合15Kだ。

 

1シーズンに2度の14奪三振以上+無四球登板をしたのは球団史上初という快挙も生んだ。

さらに、メジャーでも1シーズンに複数回の14奪三振以上+無四球登板を記録したのは、ロジャー・クレメンス(1997年3回)、ダルビッシュ有(2013年3回)、ペドロ・マルティネス(1999年2回、2000年2回)に次ぐ4人目の偉業となった。

 

今季は開幕から状態が安定しなかった田中だが、プレーオフを目前にして状態を上げてきた。

 

プレーオフ第一戦の先発、お願いします!!

 

 



-いい話, スポーツ
-, , , ,