サカイ引越センターで「パワハラ暴行事件」

 

トレードマークの「パンダ」を強調したCMでおなじみのサカイ引越センターといえば、東証1部上場の業界最大手だ。

そんなサカイ社内で驚きの“暴行事件”が起きていた。

「聞こえへんねん、コラ~」

私服姿の男が怒鳴り声を上げながら、作業着を着た男性2人を執拗に追いかける。

男のパンチが顔面にヒット、倒れ込んだ男性の顔面に容赦ない蹴り、ついにはカーボン製のゴルフクラブを手にして――

 

「週刊新潮」が入手した動画には、こんな様子が収められている。

撮影されたのは9月10日の13時すぎ、場所は「サカイ引越センター北大阪支社」の駐車場だ。

動画を撮影した近所の住民がいう。

「自宅のドアを開けたら、怒鳴り声が聞こえてきて、私服姿の男が作業着の2人を殴っているのが見えたので、大変やと思って撮影しました」

 

この後も“加害者”はレンガを投げつけ、“被害者”たちを正座させてビンタ。



ついには警察と救急車が来る事態になったという。

 

サカイの当該地区責任者に聞くと、被害者の2人は社員、加害者は業界経験の長い指導的な立場のアルバイトであると明かした上で、

「前日に被害者の1人が事故を起こしたことで、注意をしなくてはと感じ、呼び出したところ、自分が非番で酔っていたこともあり、つい手が出てしまったということです」

 

いやはやパワハラのレベルを超えてますね!!

「つい手が出た・・」というのは一瞬のことでこんなに暴行を続けている場合「つい手が出た」とはいいませんね。

 

 

 

 

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-,