新庄剛志氏「コンパのためにサヨナラ負け」伝説

 

元プロ野球選手の新庄剛志氏が27日、日本テレビ系「スッキリ!!」で、現役時代、コンパのためにわざと打球を捕らずサヨナラ負けを喫したという“伝説”について「本当です」と認めた。

番組では、同局でこの日放送される「今夜くらべてみました」に出演した新庄氏にインタビュー。

数々の新庄伝説についての真偽を確かめた。

その中で「コンパのためにわざと打球を捕らずサヨナラ負け」という伝説にも言及。

「わざと打球取らなかったのは間違いない」と認めた。

だが新庄氏は「それには理由があった」と力説。

 

その日の投手は「一生懸命守っても、ものすごく打たれていた」という状況だったが、

以前、投手側が「バッターが打たないから勝てるわけねえよ」と言い放ったことを思い出し

「だったら俺もそうしたろ!」と投手側への怒りから、打球を捕らなかったと説明。

 



延長戦に突入し、打球が新庄氏の方向へ飛んできたことから

「わざとスタートを遅らせて捕らなかったことはありましたよ。それは本当です」

と認めた。

 

問題のコンパはあったのか?という質問には「ありました」とこれも認めたが「外れでした」と苦笑い。

VTRを引き取った天の声の南海キャンディーズ・山里亮太によると、コンパが23時半からセッティングされていたことから、

これ以上試合を伸ばせないと思った事や、大好きだった古田敦也氏の打球だったことも理由の1つだったと明かしていた。

 

新庄さん・・・へたすりゃ八百長ですよ~

 

 

-スポーツ, 話題
-, , , ,