慶応大ハレンチ教授 「反省なし」

 

授業を通して女子大生を「洗脳」し、不倫に従属させる……。

そんな慶応義塾大学総合政策学部教授でイスラム法の権威である奥田敦教授(57)に対し、慶応大は見て見ぬふりを決め込んでいる。

一種の「ハーレム」状態にあったという奥田研究会だが、教授には数々の余罪がある。一昨年にはその行いがハラスメント防止委員会に諮られるも、厳重注意を受けるのみだった。

 

奥田研究会に在籍していた4年生は、

「奥田教授は、学年に一人は“お気に入り認定”しますが、圧が強くなると辞めていく子も多く、そうなるとお気に入りが交替する」

と回想するが、その一人と交換したメールが、さる大学関係者経由で手元にある。

2004年のもので、要は、教授の手口には年季が入っているのだ。

 

〈「アッラーにおける愛」をともに実践する相手として、アッラーがわたくしにおあたえくれたのがアンティ、○○さんということになります。わたくしは、ほんとうにアッラーフに感謝します。(中略)あつし〉

 

〈さきほどはいきなりオフラインになってごめんなさい。お母がきたもので、あわててサインアウトしました。(中略)わたしも先生と出会えたことを、アッラーフに感謝しています。アッラーの名のもとに互いを愛し合い、必要としているということに、本当に幸せを感じています〉

 

「反省ゼロ」と妻

さて、夫に「事の重大さに気づいてほしい」と、「洗脳不倫」被害者・斉藤菜穂さん(仮名)の“奪還作戦”にも協力した妻によれば、奥田教授はまるで反省していない。

 

「私に“もう離婚だ”と告げ、“斉藤の親は毒親だ”と言い、“自分がしてるのは治療で、人助けだ”“先進的な実験だ”と強弁します。

でも“家に泊めるのはおかしいし、なぜ私がいない日ばかり泊めるの?”と言うと、急に黙る。

反省ゼロで、菜穂さんと二人でいることを正当化するために“毒親対策の最先端の治療の何がわかる!”と屁理屈を繰り返し、“彼女を家に帰らせちゃいけない”“これからも面倒を見たい”と。

独善を押し通す奥田を見ていると、私は“津久井やまゆり園”を襲撃した犯人や、オウム真理教の麻原彰晃を思い起こします」

 

洗脳問題に詳しい紀藤正樹弁護士に聞くと、

「奥田教授は奥さんに“おまえのせいで治療ができなくなった、離婚だ”と言っているようですが、有責事由に当たる不貞を行なっているのは奥田教授。申し立て自体、不可能でしょう」

 

イスラム法には詳しくても、国内法はてんでご存じない奥田教授、総合政策学部のある湘南藤沢キャンパスにも“奪還”現場となったマンションにも不在なので、実家を訪ねた。

チャイムに反応がないので「ごめんください」と繰り返すと、窓の奥からヌッと顔を出した。

だが、記者の顔を見て無言で後ずさりし、家にこもってしまった。

 

OBからも「恥を知れ」

このハーレム教授が、いまも教授であるのは信じがたいが、慶應義塾広報部は、菜穂さんへの「洗脳」不倫について、書面でこう答えるのみ。

 

「この件に関しましては、大学としても調査ならびに当該教員への対応を継続して行っております。

現在対応中の案件であり、これ以上の詳細は回答を控えさせていただきます」

 

一昨年の件については、

「大学には守秘義務が規定上定められていますので、一切お答えできません」

 

だが、毎年数十億円の寄付金を集めるOB団体「慶應三田会」の副会長の一人は、匿名を条件に、

「そういう先生は当然、辞めさせるべきです。教え子に手を出すなんて、恥を知れと言いたい」

と嘆く。

一方、大学の対応を、慶大法学部OBで危機管理コンサルタントの田中辰巳氏がこう評する。

 

「トヨタの米国法人社長が秘書にキスし、会社に損害賠償を命ずる判決が出たことがありました。

会社が手を打たなかった不作為が問われたのです。慶応の件も、学校の不作為が問われます。教授が女子学生をマンションに泊めるのは明らかに異常。

学生を一人泊めた段階で大学は動くべきで、加えて保護者の訴えに対処を怠ったという二重の不作為になります。

危機管理とは放置しておくとどうなるかを考えるもの。こういう件を放置すれば、同じことをする先生も出てくるでしょうし、親もこんな大学に行かせて大丈夫かと思い、受験生も、受けたいと思わなくなるでしょう」

 

結果、慶大の社会的評価が「低能未熟大学」となっても自業自得だが、不作為によって、預かった学生の人格も家庭も崩壊させた責任は、少しも軽くならない。

 

慶応大そのものの真価が問われてきちゃいましたね。

こんな、「破廉恥教授」庇うのはやめましょうよ。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , , , , ,