山県10秒00に桐生祥秀 「抜かれたり抜いたりが始まる」

 

「全日本実業団対抗陸上選手権」(24日、ヤンマースタジアム長居)

男子100メートル決勝が行われ、山県亮太(25)=セイコーホールディングス=が自己ベストを0秒03更新する10秒00(追い風0・5メートル)で優勝しました。

 

伊東浩司氏(現日本陸上競技連盟強化委員長)が98年バンコク・アジア大会で出した10秒00と並ぶ日本歴代2位タイ。

9日に日本勢初の9秒台となる9秒98をマークした桐生祥秀(21)=東洋大=は山県の記録を受けて、自身のツイッターで

「こっからバンバン抜かれたり抜いたりが始まるんやろな」

と投稿しました。

 

桐生選手、山縣選手ともに世界選手権の代表を逃した選手ですね。

よくぞお二人とも頑張ってくれました。

 

最近ケンブリッジ飛鳥選手のCMがTVで流れてますが、彼の選んだ道は「プロ」

結果が出なければどうしようもありません。

 

選手の皆様、重圧に負けないで!!

 

 

-いい話, スポーツ
-, , , ,