羽生結弦 SP世界最高からまさかの2位

 

フィギュアスケートのオータム・クラシックは23日(日本時間24日)、カナダ・モントリオールで男子フリーが行われ、

男子ショートプログラム(SP)で112・72点の世界最高得点をマークして首位発進した羽生結弦(22=ANA)は、転倒するなどミスが続き、得点を伸ばせず155・52点と失速。

合計268・24点の2位に終わり、大会3連覇を逃した。

SP2位のフェルナンデス(スペイン)がフリー177・87点、合計279・07点で逆転優勝した。

羽生は今季初戦。右膝痛のため難易度の低いジャンプに変更しながらも、SPは完璧な演技を披露。

2015年12月GPファイナルで自らが出した110・95点を2季ぶりに1・77点更新した。

フリーは最後から3番目に登場。

2季ぶりに映画「陰陽師」で使用された楽曲「SEIMEI」を再演した。

しかし、冒頭のジャンプで踏み切りのタイミングが合わず。

終盤にはトリプルアクセルで転倒。

最後のジャンプも着地でバランスを崩した。

この時点で首位に立ったが、次に滑走したフェルナンデスに逆転され、2連覇を狙う来年2月の平昌五輪へ向け、最高のスタートとはならなかった。

 

やはり右ひざに痛みがあったんでしょうね・・・

オリンピックまで仕上げて下さい。

 

 



-スポーツ, 話題
-, , , , ,