トイレで「信じられない用の足し方」 コンビニ店長が語った驚愕の実態

 

長野市内のコンビニ店が、トイレで「信じられない用の足し方」をする人がいるとした貼り紙を出しており、ツイッター上でその写真が投稿されて話題になっている。

このコンビニ店は、JR・しなの鉄道の篠ノ井駅前にあるセブン‐イレブンの篠ノ井布施高田店だ。
■壁やドアに向かって...

貼り紙は、店のオーナーによるものとして出されており、文面にはこう書かれている。

「最近トイレ内において信じられない用の足し方をする人がいます。清掃時に大変困っています。また、次に使う人のことを考え用を足すようお願い致します」

うち「信じられない用の足し方」の部分が赤字で強調されていた。

貼り紙の写真が2017年9月21日、ツイッター上で紹介されると、5万件ぐらいも「いいね」が付くほど反響を呼んでいる。

店のトイレでは、一体どんな用の足し方をする人がいるのだろうか。

篠ノ井布施高田店の店長は22日、J-CASTニュースの取材に対し、次のように明かした。
「今年の春ごろに、男子トイレで、大の方を壁に向かってしてあったりしました。

入口のドアに吹き付けてあったこともあります。洗面所の前にも、大が落ちていたりしました。

また、トイレットペーパーを1ロールごとそのまま流されたこともありました。

モラルがない人が多いので、4月から貼り紙を出しています」
女子トイレに男性が入ることも多く、同様に貼り紙を出して入らないように呼びかけている。

 

店は、9年前にオープンしたが、度々こうしたことが起きているという。

便座を壊されたことがあるほか、タンクの中に成人雑誌が入っていたりして、トイレが故障することがあった。

貼り紙を出してからは被害が少なくなったというが、それまでは、1週間に一度ぐらいのペースで、客から苦情が入る状態になっていたそうだ。

洗面所に防犯カメラが設置してあり、その映像を見ると、20~30代ぐらいの男性が多く、営業で回っているようなスーツ姿も目立つという。

トイレの被害は、夜間はあまりなく、昼間が多いそうだ。

女子トイレは、こうしたことはあまりないという。

店長は、

「何かのうっ憤を晴らす目的なのでしょうか?常連ではなく、2度と来ないような人なので、注意できないでいます」

と困惑げだ。

今後は、器物損壊などがあれば、警察に通報したいとしている。

 

何かの腹いせなんでしょうか?

そんなところに用を足せば自分も汚れるでしょうに・・・

 

 

-話題
-, ,