松本人志がナイツの漫才の方向性に苦言!?

 

22日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志が、ナイツの漫才について実力を認めながらも、その努力の方向性に苦言を呈した。

番組では「本音でハシゴ酒」の企画で、ダウンタウン、坂上忍らが、東京・上野広小路の盛り場でナイツの塙宣之、土屋伸之と本音トークを繰り広げた。

冒頭から、坂上が松本と浜田雅功にナイツの印象をたずねた。

浜田は開口一番「上手いですよ!」と、ナイツの漫才の腕前を認め「今後も何も(漫才スタイルを)変える必要もない」と全面的に肯定する。

その一方で、松本は「僕はノーコメントですね」と冷たく答えて、ナイツのふたりを焦らせた。

松本はナイツについて

「あのままのスタイルを貫き通したって全然イケるのに、いろんなことを試すやろ?」

と実力を認めながらも、ダメ出ししたのだ。

続けて松本は

「次から次へと新しいことをやろうとするやんか。ああいうの、大っ嫌い!」

と、ナイツの新ネタ開発のための努力を否定するような意見を放ち、笑いを誘っていた。

 

松本さんはナイツに一種の嫉妬してるんでしょうね。

私もナイツは大好きです。

 

面白いですね!

 

またナイツの塙は、

お笑い芸人がやる「ネタ見せ」に文句があるのだとか。

「ネタ見せ」とは、芸人がライブ前に放送作家やスタッフらにネタを見てもらうことをいう。

塙は、この「ネタ見せ」について「必要なのかな?」とかねてより思っていたらしい。

塙によると、ネタを見せる相手はそれほど売れていない放送作家や芸人くずれのスタッフだそうで、その主観的な選別によってライブで発表できなくなるネタが出てきてしまうというのだ。

また、塙は、ナイツの漫才ネタ「ヤホーで調べました」も、当初のネタ見せでは「小ボケの連続だからだめ」と作家に反対されていたと明かした。

しかし、塙はこのネタのボツだけは阻止したそうで、その後ライブで実践してみたところめちゃくちゃウケたということだ。

 

確かに・・・言えてますね。

 

 

 

 



-いい話, 話題
-, , , ,