ナダル、一流の心配りに世界が称賛 “裏方さん”を地元招待

 

男子テニス世界ランキング1位のラファエル・ナダル(スペイン)は今年、得意の全仏オープンで通算10度目の優勝、全米オープンでも2013年以来となる3度目の制覇を成し遂げるなど、完全復活を印象づけている。

コート上では闘争心むき出しのプレースタイルを見せつけるスペインの至宝だが、試合を離れると“裏方さん”にも心配りを忘れない行動を取っていることが話題を呼んでいる。

 

ナダルが自身の公式フェイスブック上で1枚の写真を発信したのは、19日のこと。

生まれ故郷であるスペインのマジョルカ島でつかの間のオフを過ごしていたが、ある初老の夫婦を地元に招いたのだという。

白のボーダーシャツを着たラフな装いなナダルは、夫婦の真ん中で肩を組んだ3ショット写真とともに、以下のように投稿している。

 

いったい、この夫婦の正体とは――。

「イアンは全豪オープンを訪れる際、何年間にもわたってドライバーとして働いていただいている。昨晩、妻のジェーンとともにマジョルカの『サ・プンタ』というレストランで一緒にディナーを食べたんだ。

彼と会えることはいつも嬉しいよ! ここに来てくれたこと、そして1月のメルボルンでのことを感謝したいね!」

 

男性は運転手のイアンさんで、女性は妻のジェーンさん。

ナダルはコーチなど自らのテニスを磨き上げる存在だけでなく、宿泊先から会場まで送り迎えし、支えてくれている裏方にも最大限のリスペクトを示し、食事をともにしたようだ。

 

レジェンドの一流の人格者たるゆえんが伝わる1枚の写真にファンも称賛の声を上げている。

「冗談抜きで史上最高のスポーツパーソン」

「だからラファのファンなんだよ」

「スーパースターたる所以」

「メルボルンが待ち遠しい」

 

全豪では決勝でロジャー・フェデラー(スイス)との大激戦の末に敗れたものの、今年の活躍は冒頭で記した通り。

今週末チェコで開催される「レーバーカップ」ではそのフェデラーとの夢のダブルス結成が期待されるが、こまやかな心遣いによってまたファンの心をとらえているのは間違いない。

 

テニスプレイヤーである前に優れた人物であれ

 

強い選手になるよりも、良い人間であれと育てられたナダル。

彼がコートマナーの良い選手だと言うことは広く知られていて、彼が物に当たったり横柄な態度を取るのを見ることは無いだろう。(ラケットを壊したりする選手は珍しくありません…)

選手としての成長だけでなく、どのようにして立派な青年となったのかという点も見逃せない。

家族の存在がいかに大きかったかということが良く分かるだろう。

 

またテニス選手と言うとトップ選手の賞金に目が行ったり、さぞやセレブな生活を送っているのだろうと思うかもしれない。

だがナダルは普通の青年で、あちこちに自宅を持ったりはしないし、トッププレイヤーとなっても大家族で暮らし、なおマヨルカから離れようとはしない。

小さなマヨルカという世界でさぞ地元の英雄として崇められているのだろうと思いきや…。

 

生涯のコーチであり叔父のトニーはナダルが真ん中を歩くと、何様かと言わんばかりに、こういうのは良くないと端に追いやる。(そこまでしなくても…)

 

派手な生活はしないナダルが唯一欲しがったのがアシュトンマーティンの車だろうか。

簡単に買うことができただろう、だがナダルはスターとなっても親に伺いを立てる。

派手だ、マナコルで白い目で見られると顔をしかめられ、

「ウィンブルドンで優勝したらな!(無理だろう)」

ということになり、さてさて無事ナダルは欲しい物を手に入れたようです。

 

金銭面の話と言えば、サッカー選手などで貧しい家庭からスーパースターへという話は少なくないが、同時に大家族を一人で養っていて、彼一人の肩にかかっている、寄生しているようなイメージを受けてしまうことも多い。

ナダルは家族で戦っているイメージを受けるけれど、父親は事業で成功しているし、叔父のトニーはその関係でコーチとしての報酬は受け取っていない。

そもそも家族は上で引用したように、もっと活躍してほしいというプレッシャーをかけるというスタンスには程遠い。

自立していてとてもいい関係だと感じた。

家族の絆は強い。

 

「試合に臨むときに相手を凄いと考えるのは、

必ずしも一番良い気持ちの持ち方ではないかもしれない。

…けれど、どんな対戦相手にも敬意を表し、決して

自己満足に陥らないと言うプラスの面もある。」

僕が勝って当然の格下の相手にほとんど負けないのは、このお陰かもしれない。

 

なんか、ナダルがとっても好きになりました。

 

ナダル名言集

 

「不安なら、毎日ある、それは良い事」

「戦って、自分のベストを尽くして、負けたとする。でも5本のラケットをたたきおる必要は無いし、ロッカールームで投げる必要も無い。そうすることも出来るけど、そんなことをしたって何も変わりはしないんだ。負けた事に変わりはない。そうすることでなにかポジティブな事が有るならやるけど、ネガティブな事しか浮かばない。」

「食べ物を食べるときは両手で食べる。でもテニスで僕は右手を使えない。両手は使えないんだ。無能に思うよ。」

「負けた経験が無ければ、勝ったときの喜びは味わえない。だから両方受け入れなければいけないんだ。」

「君が上手くいっていないときに、自信をもって何かを言ってくれる人が周りにいてくれるのは本当に大切な事なんだ。君がトップにいるときは、人々は熱狂する。おそらく君はそういう瞬間を求めているんだと思うけど、ちょうど良い加減でいることがベストだ。

「1ポイントずつ、集中して、タフにプレーする。つまらなく聞こえるかもしれないけど、コートに出てやるベキ事はそういうこと。」

「勝ったときでも負けたときでも、冷静でいるようにしてる。テニスというスポーツは毎週たくさんのトーナメントをこなす必要が有るから、大きな勝利を手にしたときでも、盛大に祝う事は出来ない。負けたときでも、酷く落ち込んでいる暇はない。翌週には次のトーナメントが有るし、それに備えなければ行けないからね。

 

 

-いい話, スポーツ
-, , , ,